1. まとめトップ

初デートには何を着る?可愛く見せるカラーコーディネート

色彩が与える印象をまとめました。異性とデートに行く際は是非、参考にしてください。

更新日: 2016年12月23日

8 お気に入り 7783 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

yuta2016さん

「赤色」

気になっている彼と何か進展が欲しいというときには最適な色ではありますが、遊び好きや目立ちたがりといったイメージも持ち合わせているので、まだそこまで親しくない異性と会うときなどは控えた方が良いかもしれません。

「ピンク色」

「幸福」「女性的」「繊細」「美容」「柔らかい」「若い」「愛情」「甘い」

しかし、幼くわがままそうといったイメージも持っているので、ピンク色の服は、相手が年上の異性のときだけに限定して着ると良いかもしれませんね。

「白色」

真面目そうで大人しいといったイメージも与えてしまいかねないので、大勢の人の中ではなく、あくまでも、意中の相手とふたりっきりのときに着ていく色にしましょう。

「黒色」

ただし、守ってあげたい女性のイメージ像とはかけ離れ、近寄りがたい雰囲気に見られてしまうので、恋愛面では、あまりオススメしない色です。

「灰色」

無難な印象を与えるので、悪目立ちしたくない時には有効です。

「青色」

ただし、クールで近寄りがたい雰囲気も与えてしまうので、初対面の異性や、打ち解けたい異性の前では、あまり着ない方が良いでしょう。

「緑色」

相手との現状を維持したいときなどには、最適な色です。ただ、濃い緑色は個性的に見られるので、あくまでも、淡い色合いのものを選ぶようにしましょう。

「黄色」

明るく社交的な印象を与えてくれるので、すぐに相手と打ち解けられるはずです。ただ、同時に幼さを与えてしまう場合もあるので注意。

デート服には何色がいいのか?

男性が女性に着て欲しい服の色は優しさと明るさを放つ色です。

つまり安心出来る色。

その中でも断然好まれるのはなんと言っても、ピンクです。それも、淡いピンクの方が好まれます。

淡いピンクには相手を安心させる効果があります。とくに女性が着ると、女性らしさ、優しさ、母性を引き立てるので、好感度を高めます。つまり、「女性性の象徴」の色なのです。

白や、他のパステルカラーもお勧めですが、初デートは淡いピンクにしましょう。男性の包容力も高めてくれます。フリルなんて着いていたら、なお効果的です。

面接など真面目な場には

「白」が効果を生みます。白が与えるイメージとして、「純粋」「潔白」「清潔感」=「真面目」となります。初対面で、好印象を与えるのに一番効果がある色です。

1