1. まとめトップ
  2. カラダ

あなたにも聴こえているかも…危険すぎる『死の四重奏』

この不協和音が聴こえてからでは遅い…!?内臓脂肪型肥満・高血圧・糖尿病・高脂血症が奏でる"死の四重奏"。手遅れになる前に生活習慣の見直しを!

更新日: 2015年03月21日

208 お気に入り 287243 view
お気に入り追加

死の四重奏とは

死の四重奏は、生活習慣病の中でも、「内臓脂肪型肥満」「糖尿病」「高脂血症」「高血圧」 が同時に発症している状態をいいます。

生活習慣病の中でも糖尿病、肥満、高血圧、高脂血症の4つは「死の四重奏」と呼ばれます。それはこれらの病気が互いに合併しやすく、しかも合併することでより動脈硬化の発症リスクを高めるからです。

1989年にアメリカの研究者カプラン(Kaplan NM)によって提唱され、冠動脈疾患による死亡率が高く、まさに死の序曲を奏でるという意味合いから「死の四重奏(The Deadly Quartet)」と呼ばれました。

① 上体肥満
② 高血圧
③ 糖尿病
④ 高脂血症
この4つが揃うと、死亡率が30倍以上に…。

例えば、内臓脂肪型肥満に加え、どれか1つが重なると冠動脈疾患(心筋梗塞など)のリスクが10倍に、2つ以上が重なる実にと30倍にもなります。

メタボリックシンドロームは、この死の四重奏をはじめ、シンドロームX、インスリン抵抗性症候群、マルチプルリスクファクター症候群などの一連の概念を最終的に整理したものといえます。

メタボリックシンドロームの先駆的な概念です。

リスクファクター① 上体肥満

上体肥満は男性に多く、過食・過飲酒・運動不足が関係しています。
このタイプでは、心臓病、糖尿病、高脂血症、高血圧、痛風などの生活習慣病を併発しやすい

危険なのは皮下脂肪ではなく、内臓脂肪。

上体肥満を長年放置しておくと自覚症状もないままに、徐々に血管の動脈硬化が進み、最後には、心臓病や脳卒中を起こして寿命を縮めることになります。

内臓脂肪が多すぎると、そこから遊離脂肪酸(体内の脂肪の一種)が放出されて、血液中の脂肪分が高くなる脂質異常症が起きたり、インスリンに対するからだの反応が低下する「インスリン抵抗性」が起きます。

内臓脂肪の蓄積は、それ自体が細胞レベルの活動に異常をもたらし、動脈硬化を引き起こすこともわかっています。

死の四重奏は名前の通り非常に危険な状態です。
しかし、内臓脂肪型肥満を解消することで、かなりリスクが軽減されます。

内臓脂肪型肥満をやっつけることで、リスクは大きく軽減されます。

内臓脂肪はつきやすい反面おとしやすくもある脂肪なので、改善はそう難しくない。 運動怠慢やカロリーオーバーといった非健康的な生活習慣・食生活を改めることで、効果的に改善することができる。

動脈硬化に至る危険な症状である反面、皮下脂肪に比べ落としやすいのが内臓脂肪です。

リスクファクター② 高血圧

高血圧とは、安静状態での血圧が慢性的に正常値よりも高い状態をいいます。高血圧になると血管に常に負担がかかるため、血管の内壁が傷ついたり、柔軟性がなくなって固くなったりして、動脈硬化を起こしやすくなります。

収縮期血圧が140mmHg以上、拡張期血圧が90mmHg以上が高血圧の目安となります。

高血圧自体の自覚症状は何もないことが多いが、虚血性心疾患、脳卒中、腎不全などの発症原因となるので臨床的には重大な状態

「血圧が高め」とわかったら早めに受診し、治療を必要とする高血圧なのか、原因は何かなどについて知ることが大切です。

高血圧の原因は、遺伝や生活習慣にあると考えられています。特に、遺伝的に高血圧を持っている方は、日頃からの生活習慣に注意して予防しましょう。

遺伝要因のほか、塩分の摂りすぎや肥満、運動不足、過度のストレスなどが高血圧の原因とされています。

リスクファクター③ 糖尿病

糖尿病とは、すい臓で作られるインスリンというホルモンの作用不足により、慢性的に高血糖になった状態のこと

空腹時血糖値が126mg/dl以上、またはブドウ糖負荷試験血糖値が200mg/dl以上が糖尿病と診断される基準になります。

ひとことに血糖値が高いと言っても、無症状の状態から、著しいのどの渇き・大量の尿を排泄する状態、さらには意識障害、昏睡に至るまで様々であるが、これらをすべてまとめて、血糖値やヘモグロビンA1c値が一定の基準を超えている場合を糖尿病という。

放置しておくと視力の悪化や手足のしびれ、脳梗塞や心筋梗塞などを引き起こす恐れがある

糖尿病の患者は、心筋梗塞や脳卒中の危険が非常に大きいことで知られています。

気付かぬうちに病気が進行し、いつのまにか手遅れになってしまうサイレントキラー(沈黙の殺人者)と呼ばれる糖尿病は、近年激増しています。

糖尿病5大原因といわれるのは、食べ過ぎ、飲み過ぎ、肥満、運動不足、ストレスです。

逆に言うと、これらに気をつけていれば糖尿病には罹り難いといえます。

リスクファクター④ 高脂血症

1 2





質を大事に、自分なりの視点でまとめを発信していきます。

【得意分野】
IT
スマートフォン
音楽
雑学
子育て
レッサーパンダ

よろしくお願いいたします!

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう