1. まとめトップ

苦手克服!“かき揚げ作りのコツ”を5つ集めました!

かき揚げを作るのが苦手、難しい、と感じる人のために、いろいろなコツを調べました!自分にぴったりな方法・作り方・揚げ方を見つけてください♪レシピあり。

更新日: 2015年03月18日

9 お気に入り 36439 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

kkkknnnnさん

コツ1▼先に小麦粉をまぶしてから水を加えるのが最大のコツ

材料(2人分)
玉ねぎ‥‥1/2個
むきえび‥‥100g
みつば‥‥20g
薄力粉‥‥1/2カップ(50g)
冷水‥‥大さじ4
塩‥‥少々
レモン‥‥適量
揚げ油‥‥適量

作り方:
http://marron-dietrecipe.com/agemono/agemono_kakiage.html

衣は材料に直接小麦粉と水を加える。

天ぷら衣のように小麦粉を卵水で溶いたものを使うと、水分が多すぎてカラッと揚がりません。
粉が接着剤となるためバラバラにならず、サクサクに揚がります。

種を木ベラにのせ、滑らせて油に入れる。

木ベラがない場合は、クッキングシートを使ってみて下さい。

<サクサクに揚げるために他に気をつけることは?>

必ず冷水を使いましょう。

水の温度が高いと粘りが出ます。吸水性が強くなるためカラッと揚がりません。

衣は少し粉っぽさが残る程度に、サックリ混ぜる。

混ぜすぎて衣に粘りが出るとグルテンが多くなり、吸水性が強くなるのでボテっとした重いかき揚げになります。

一度にたくさん入れ過ぎると温度が下がってサクッと揚がりません。油の表面積の半分位までにとどめましょう。

コツ2▼油の量・温度・揚げる時間がコツ!

油の量:3cm~

揚げ物用鍋の深さ3~3.5cm、24cm前後の鍋は800mlが目安

材料(4個分)
桜えび20g
玉ねぎ100g
三つ葉20g
日清キャノーラ油揚げ物用鍋の深さ3~3.5cmくらいの量
~衣~
薄力粉60g
とき卵大さじ2+冷水1/2カップ(100ml)

レシピ:
http://www.nisshin-oillio.com/kitchen/recipe/vol5.html

コツ3▼温度がポイント!

衣の温度を低く
油の温度を変化させない

この二つを守りさえすればさっくり揚がります。

衣は冷やしておく
衣の材料はみんな冷蔵庫に

厚い鍋で沢山の油を使えば温度は変化しない

まずは程好い皿等に具を合わせて手でふんわり掴み形を整えましょう。

そこに衣をかけてグルグルっとまとめます。

この時点で仕上がりの時の形に近くなってるのがこのやり方のポイント。

コロッケでも入れる感じでポンと油に

相性の良い組み合わせの材料
「イカと玉ねぎ」「小柱と三つ葉」「エビと三つ葉」

コツ4▼少量ずつ揚げる&はじめにひと塊にしてから油に落とす

『少量ずつ揚げること。はじめにお玉の上などでひと塊にしてから油に落とすこと』

油の量や鍋の大きさによって揚げる回数のめぼしをつけ、用意した野菜を2~3等分にします(一度にたくさん揚げないほうがいいです)。

衣も同じく2~3等分にして、揚げる直前に野菜と衣を混ぜ合わせます。

そしてお玉やしゃもじ、小さめの器の中で、揚げる大きさにまとめ(箸で少し抑えるようにしてくっつけ)、それから油に落とし入れます。
揚げる温度は170~180℃。鍋の淵からすべらせるように揚げ油に落とします。

※野菜がバラバラになるようにゆっくり入れるのではなく、ちゅうちょせずにスムーズに落とし入れるとよいです。

30秒ほどさわらずにそのまま火を通してから上下を入れ替え、さらに1分~1分半揚げる

材料(2人分)
玉ねぎ … 1/4個(約50g)
人参  … 1/3本(約50g)
ごぼう … 50g
椎茸  … 1~2枚
三つ葉 … 1/5束
塩   … 適量
打ち粉用小麦粉 … 大さじ1
揚げ油 … 適量
小麦粉 … 大さじ3
冷水  … 大さじ3

レシピ:
http://www.sirogohan.com/kakiage.html

おいしいかき揚げのポイントは『風味と食感の違うものを組み合わせること』。

野菜でいえば食感や風味の違いを考えて「玉ねぎ、人参、椎茸、ごぼう、れんこん、空豆、さつまいも、三つ葉、生姜」などがおすすめです。

1 2