1. まとめトップ

ExcelマクロVBA セルの操作(取得、選択、入力、削除、コピー、切り取り)

ExcelのVBA,セルの操作についてまとめてみます。色んな場所を見に行って、調べるのはとても面倒だもの。随時追加予定

更新日: 2016年01月29日

2 お気に入り 1290 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

Mochihaさん

Excel VBAまとめ

セルの位置指定

Range("A2").select '見たまま。A2のセルを選択します!
Cells(2,1).select ’(行,列で指定。2行目1列なので、A2ですね!)

両方ともA2セルを指定しています。

最終行の指定

ワークシートの最大行、最大列

MaxRow = Rows.Count
MaxCol = Columns.Count

'A1から空白セルが無く、下に移動した場合の最終行(最大行数)
'「Ctr」l+「↓」を押したのと同様の動作

MaxRow = Range("A1").End(xlDown).Row

'A列のワークシート最大行から上にずっと移動した場合の最終行
'途中で空白行があったときのために
'ワークシートの一番下から「Ctr」l+「↑」を押したのと同様の動作

MaxRow = Range("A" & MaxRow).End(xlUp).Row
'Range("A" & MaxRow) ← RANGE("A10")などと同じような感じ

セルの位置指定(指定位置からずらす方法)

ActiveCell.Offset(1, 0).Select

アクティブセルから、行方向に1移動してセレクト
→ひとつ下に移動して、そのセルを選択ということ。

A1セルを選択していたとしたら、A2セルに移動するということ。

参考サイト

1