1. まとめトップ

子供を殺す母親たち

子供は所有物と勘違いする母親。責任感のない自分中心の母親。子供の生きていく場所は自分を生んでくれた母親の側でしか生きる選択肢がないのです。児童相談所は母親のSOSによって動きます。子供は母親の行動によって生きていける選択肢をもらえる事なのです。

更新日: 2016年03月20日

6 お気に入り 197107 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

月見団子さん

自分勝手な母親達へ

母親の追い詰められた背景、心の余裕のなさ、いつになっても満たされない自信の寂しさ、自分を犠牲にしてまで子供の世話に追われ子供に捧げる。

自分を追い詰めてるのは子供のせい?
自分の自由をとられるのは子供のせい?

そして身近にいる自分の子供に憎しみが向けられてしまう。人間の子供はどの生物より育てる年月が長いと言われています。
自分が忙しく体調の悪いときでも、ストレスが溜まっていても子供はまってくれません。幼ければもっと手がかかります。
子供を殺す母親の肩を持つということでは決してない。そんな弱い女は子供を生んではいけない。自分が満たされないからと自分の都合で殺して居なかったことにする勝手は許されない。

自分で生きていけない子供を守っていくのが責任を担った親というものです。
この人たちは幼い子供と同じ体の大きい子供なのですね。

満たされない心なんて誰にでもあります。生活の事情なんて誰にでもあります。

これからもきっと子供殺しはなくならないと思う。

大阪2児餓死事件の犯人

出典ameblo.jp

下村早苗(現在は中村早苗)事件当時23歳
1987年生
関東の私立高校卒業
懲役30年

自信の子供である羽木(はぎ)桜子ちゃん(3)羽木楓(かえで)ちゃん(1)をマンションに放置し餓死させる。遺体発見時2人は部屋で裸で倒れ一部白骨化していた。部屋はゴミであふれ糞尿と閉じ込められて熱くなった部屋で2人は息絶えた。容疑者はホストクラブに通うようになり育児が煩わしいという理由で育児放棄にいたった模様。交際相手と友達の付き合いにのめり込んでいた。

秋田児童連続殺害事件の犯人

畠山 鈴香(はたけやま すずか)
1973年2月2日
秋田県立二ツ井高等学校卒業
無期懲役刑

4月9日自分の子供である小学校4年生の畠山彩香ちゃん(当時9歳)を橋の上から突き落とし殺害。
その後近所に住んでいた米山豪憲君(当時7歳)を首を絞めて殺害。
日ごろからネグレクトの虐待があり娘は薄汚れた洋服で学校に通いご飯もろくに食べてなかった様子だった。
狭い田舎の町で短期間で2人もの子供が亡くなる異様な子供殺しである。

苫小牧幼児死体遺棄事件の犯人

山崎愛美(やまざきよしみ)事件当時21歳
1986年生
北海道苫小牧市出身
懲役15年

5歳の長男、1歳の三男(二男は以前に死亡経緯不明)を1ヶ月自宅に放置し、三男を餓死させた。長男は冷蔵庫にあるマヨネーズ・残飯、生ごみなどを食べ飢えをしのぎ母親・山崎を待っていた。その後三男は交際相手の物置にダンボールにいれ遺棄。
子育てが煩わしくなり子供を残し家出し交際相手の家で暮らしていたが近所からの悪臭の苦情で仕方なく自宅に戻り事件が発覚する。

秋田男児殺害の犯人

進藤美香(写真時31歳)
1975年生
青森出身
懲役14年

自分の息子である進藤諒介ちゃん(4)を頭部や顔面を殴打して瀕死の重傷を負わせ農業用水路に放置して窒息死させ殺害。共犯者は恋人の畠山博容疑者(43)。恋人と過ごしていた時間を息子がぐずりカッとなって2人で殴打。当時進藤美香には内縁の夫(51)もいた。殺害当時二股をしていたことになる。2度の離婚と連続放火で逮捕歴あり。内縁の夫との子供諒介ちゃんの葬儀では悲しみに暮れる母親として参列している。

群馬2児虐待死の犯人

出典ameblo.jp

田村 亜希子(当時32歳)
群馬県出身

三男優将(3歳)ちゃんの胸を突き飛ばし頭を強く打ちつけさせ暴行し殺害。優将が言うことを聞かず、頭にきて突き飛ばしたと供述。その以前にも次男(0歳)も布団に投げつけ暴行し死亡。4人の子供がいるが全ての子供達は虐待されていた。

広島小5女児虐待死の犯人

出典ameblo.jp

堀内亜里(当時30歳)
懲役8年

小学5年生の長女・唯真(ゆま)ちゃん(11才)を練習用のゴルフクラブで30分以上にわたって殴打し殺害。ゴルフクラブを何度も振り下ろして、娘の頭や腹を殴り続けた。死因は出血性のショック死。頭蓋骨陥没になりくも膜下出血しているほど酷い殴りようでした。

千葉県幼児心中事件の犯人

牧野理香( 当時36歳 )
千葉県柏市酒井根

娘の怜ノ亜(れのあ)ちゃん(4)と伶依咲(れいさ)ちゃん(1)を自宅で首を絞めて殺害。容疑者は産後鬱だった可能性。日ごろはいい母親にみえ近所の人も気付かなかった。「一緒にしのうと思ったが死にきれなかった。育児に疲れた」と供述している。虐待のあとはなかった。

セレブ妻夫バラバラ殺人の犯人

三橋歌織( 川口歌織)
1974年生
白百合女子大学
新潟出身
懲役15年

夫・祐輔さんが寝ている時ワインボトルで撲殺した。その後死体はバラバラにされ両手首、上半身、下半身、頭部と分けられ都内のそれぞれの場所に遺棄した。手首は生ごみで出された模様。容疑者は結婚前から愛人契約をしている男性が借りたマンションに夫婦で住み始めた。最終的な理由は夫が好きな女性を作り自分を捨てて離婚しようとしていることに腹を立てての犯行。お金の問題も多様に絡んでいた模様。
この夫婦に子供がいなかったことがよかった。

1