自信の子供である羽木(はぎ)桜子ちゃん(3)羽木楓(かえで)ちゃん(1)をマンションに放置し餓死させる。遺体発見時2人は部屋で裸で倒れ一部白骨化していた。部屋はゴミであふれ糞尿と閉じ込められて熱くなった部屋で2人は息絶えた。容疑者はホストクラブに通うようになり育児が煩わしいという理由で育児放棄にいたった模様。交際相手と友達の付き合いにのめり込んでいた。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

子供を殺す母親たち

子供は所有物と勘違いする母親。責任感のない自分中心の母親。子供の生きていく場所は自分を生んでくれた母親の側でしか生きる選択肢がないのです。児童相談所は母親のSOSによって動きます。子供は母親の行動によって生きていける選択肢をもらえる事なのです。

このまとめを見る