1. まとめトップ

外国にルーツを持つ子ども・外国人保護者支援ツールまとめ

「外国につながる」「外国にルーツを持つ」等と呼ばれる日本語を母語としない子どもと、外国人保護者をサポートするための無料ツールや役立つ情報まとめ。随時更新。

更新日: 2016年03月02日

ikitanakaさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
7 お気に入り 6937 view
お気に入り追加

はじめに

日本に暮らす外国にルーツを持つ子ども(「外国につながる子ども」「外国につながりを持つ子ども」とも呼ばれています。

外国籍の子どもや、日本国籍で両親のいずれか/両方が外国出身者である子どもなど)と、外国人保護者に関わることになった、学校や幼稚園・保育園の先生、教育委員会や子ども家庭支援センターなどの行政担当者の方々、地域で活躍する日本語ボランティアの方々や国際交流協会の方などを対象に、原則無料で公開されていて、支援に役立つツールや情報をまとめました。

年間約100名、18カ国にルーツを持つ5才以上の子ども・若者を支えているNPO法人青少年自立援助センター「YSCグローバル・スクール」( http://kodomo-nihongo.com ) で、実際に活用しているものです。

予算不要
人手不要(外国語ができない人でもOK)
時間と手間削減
の三方良し!

外国につながる子どものサポートは、早期介入が重要です。
日本語ができない子どもだけでなく、日本語が”できる”お子さんでも、外国人保護者に対する情報提供を多言語で出すだけで、親子関係や子どもの教育・生活に対する保護者の関心の高さに変化が出る可能性があります。

ぜひご活用ください。

学校がどんなところか知ってもらうための、ガイダンス資料

「まずはこれだけ!」-サバイバル日本語/ひらがな・カタカナ自習プリント

「お便り」作成に役立つツール

脱!「カタコト」コミュニケーション

外国にルーツを持つ子どもを支えるために、知っておきたいあれこれ。

"We are all a bunch of misfit teenagers..."「私たちはみんな、(日本社会に)順応できない10代の集まりです。」日本語ができない若者が、日本社会への入り口に立つために。日本語教育バウチャーを。 bit.ly/1C5ZshN

私達が運営する多文化子ども・若者日本語教室では、外国人ひとり親家庭や困窮世帯の外国につながる子どもが日本語教育・学習支援を受けられるよう、「日本語教育バウチャー」を、皆さんからのご寄付を元に2015年4月より、運用を開始します。

1





NPO法人青少年自立援助センター定住外国人子弟支援事業部責任者。外国につながる子どもと若者の学習と就労を支援。(http://kodomo-nihongo.com )

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう