出典 nofrillsさんがアップロード

2011年3月15日、東京は大きめの余震が続いていた。福島第一原発が大変なことになっているということは既に日本国内の最大の関心事だった。「アラブの春」は、リビアで吹き荒れ、バーレーンで弾圧されていた。「3月15日」のハッシュタグは、パレスチナの統一行動(西岸地区とガザ地区)で予約されていて、私は日本国内のことを英語にしたりしながら、リビアとバーレーンとパレスチナのニュースを見てた。

その夜遅く、#Mar15 #Syria と流れてきたのだった。

http://twilog.org/nofrills/date-110315/asc

この情報が含まれているまとめはこちら

あれから4年、今のシリアは「明かりが消えた国」。 #WithSyria #FailingSyria

2011年3月、#Mar15 のハッシュタグで「革命」が告知されたシリアでは、事態はあっという間に武力紛争になりました。それから4年、国外に脱出した難民は400万人に迫り、国内避難民はもっと多く、死者も毎日増え、衛星写真で夜の明かりが消滅しているのが確認できるほどです。

このまとめを見る