1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

daiba49さん

確かにカット野菜は丸ごと野菜に比べて、栄養価は劣ります。
しかしながら、カット野菜のビタミン流出量は、台所で野菜を切って洗った時と、ほとんど違いがありません。

複数の調査結果から考えても「カット野菜には栄養がほとんど無い」はデマだと明言できます。

ただしビタミンCは水に溶けやすく熱に弱いので、油で炒めたり蒸したりする調理方法が望ましいです。

「野菜を切るのは面倒だから、野菜なしで良いや」と考えて、野菜を取らないよりも「カット野菜を使って蒸し野菜でも作って食べるか」と料理をする方が、ずいぶん健康的です。

野菜に含まれる栄養は時間ともに減少していくので、カット野菜を買った時は早めに調理することが大切です。

カット野菜」には中国産の野菜が混入されていることがあります。
これは食品表示の法律上の落とし穴で、(野菜以外の食品にも言えることなので頭に入れておいてほしいのです)数種類の野菜が入るカット野菜は全体の重量の“半分以上ある品目だけ”を原産地表示すれば良いことになっているのです。

消費者からすればラベルに「○○県産」と表記があれば、その中身はすべて「○○県産」のものだと思いますよね。

それがたった一種類のものの産地であって、残りの数種類の野菜
がすべて中国産であったとしても表示しなくてよいのです。
また、配分が「4:3:3」の割合であれば全ての野菜の産地を表示する義務がありません。
これを意図的に狙った業者もいるようです。


これらカット野菜は飛ぶように売れていて、実際にスーパーの野菜売り場でも山盛りに陳列されていますね…。
便利さや手軽さと引き換えに安心・安全性が失われつつあります。
これによって、作り手の思い、自然の恵み、命の有難みも薄れていってしまうような気もしています。便利さと問題点、比べてみるとやはり問題点のほうが大きいです。

カット野菜は結局野菜の価格次第で売れてるよな|コンビニの弁当って健康によくないっていうけどさ・・・【2ch】ニュー速クオリティ: owl.li/QoO6N

1