1988年末、麻原は広瀬に「救済が間に合わない」と出家を迫り、広瀬は指示どおりに翌年3月31日に出家した。共犯者が「ヨハネの黙示録に基づいてハルマゲドン(最終戦争)を生き残るために、教団の要となる学歴の高い人が期待されており、広瀬が該当した。広瀬の出家担当は教祖」と陳述していることから、麻原が広瀬を武装化要員として出家させたことは明らか。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

【オウム真理教】元幹部の学歴に驚愕!!その①※確定死刑囚編

あれから20年、決して忘れることのできない前代未聞のテロ。地下鉄サリン事件を引き起こしたオウム真理教の元幹部はビックリするような高学歴の持ち主が多かったのです。※裁判の結果次第で更新することがあります。

このまとめを見る