現在でこそ、「田端操車場」と「尾久操車場」となっていますが、かつては「田端機関区」と「尾久機関区」でしてた。蒸気機関車のねぐら(笑)ですね。
で、田端は東北本線、尾久は常磐線が担当でした。
この「尾久機関区」の従事者向けの駅が「尾久駅」だったというのが、正解らしいです。
つまり、地域住民の利便性には無関係で、国鉄の内部事情によるものだった、と

出典どうして尾久駅はつくられたのか?

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

上野東京ライン“謎の停車駅”尾久駅、実は都内通勤通学に便利な穴場の街です

2015年春に開業した上野東京ライン。横浜→川崎→品川→新橋→東京→上野→尾久→赤羽→浦和→さいたま新都心→大宮 と、他の大きな駅と肩を並べる尾久駅には半ば場違いな感も…。ただその利便性ゆえ、これから大化けが期待される街でもあります。新生活、一人暮らしや転居の一考に。

このまとめを見る