出典 image02.wiki.livedoor.jp

事情としては上記のとおり、古くから尾久駅には車両基地が隣接しており、JR(古くは国鉄)関係者の通勤利用という意味合いが強かったようです。
もっとも、開業に際しては近隣住民の要望を受けてということだったそう。旅客扱いをする方がお互いにとって有益だったということでしょう。

この情報が含まれているまとめはこちら

上野東京ライン“謎の停車駅”尾久駅、実は都内通勤通学に便利な穴場の街です

2015年春に開業した上野東京ライン。横浜→川崎→品川→新橋→東京→上野→尾久→赤羽→浦和→さいたま新都心→大宮 と、他の大きな駅と肩を並べる尾久駅には半ば場違いな感も…。ただその利便性ゆえ、これから大化けが期待される街でもあります。新生活、一人暮らしや転居の一考に。

このまとめを見る