1. まとめトップ

「似合う」を見つける。使えるアクセサリーの選び方・揃え方まとめ

(ジュエリー/ネックレス/ピアス/ブレスレット/指輪)

更新日: 2017年01月09日

izumi03さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
57 お気に入り 100457 view
お気に入り追加

アクセサリーの揃え方

どんなテイストに仕上げたいか?を改めてイメージしましょう。
ここで大切にしたいのは、「似合う」かどうか、
「自分らしい」かどうか。

自分のイメージを言葉にして、明確にする。
”服や自分のイメージに合わない”などミスマッチを防ぐ。

どのようなときに使いたいのか、よく考えて選びましょう。

仕事でしたらシンプルなものが良いでしょうし、
デートなら可愛らしいものが良いかもしれません。

同じようなタイプのアクセサリーばかり何個も持つよりも、
形の違うものを厳選して持つ方が応用が効きます。

髪型や場面、服のデザインなどで使い分ける。
・ネックレス:3タイプ(プチ/ビジューのショート/ロング)
・ピアス:3タイプ(プチ/大ぶり/揺れるもの)

オフィス、休日、お呼ばれ
同じ服をドレッシーにもカジュアルにも

華奢・大ぶり・パールの3つを揃えておく

・季節感がポイント!ネックレスのコーディネート方法 | nanapi [ナナピ]
http://nanapi.jp/98909

普段アクセサリーをつける習慣がない方は、
ついついつけ忘れて家を出てしまうと思います。

その対策として、アクセサリーポーチを必ずバックに入れて持ち歩きましょう。
何も全てのアクセサリーを持ち歩くのではなく、仕事用の小振りなもの
デート用の大振りなもの合コンやパーティー用の華やかなもの
など、いくつかのシーン毎に1〜2つずつ入れておくといいと思います。

似合うアクセサリーの色

イエローベース、ブルーベースなど、肌の色に合わせて選ぶ

・ゴールド?シルバー?タイプ別似合うジュエリーの選び方 [カラーコーディネート] All About
http://allabout.co.jp/gm/gc/190868/
・パーソナルカラーに合わせるパール| ジュエリーアドバイザー細川文
http://ameblo.jp/lovejetmaximum/entry-11322059631.html

出典ameblo.jp

左:イエローベース 右:ブルーベース

「ゴージャス」「華やか」「元気」「自信」、
「クール」「清潔感」「媚びない」「さわやか」などの
雰囲気やファッションのタイプ別から選ぶ

・シルバー派? ゴールド派? タイプ別、あなに本当に似合うアクセサリー|ウーマンエキサイト
http://woman.excite.co.jp/article/fashion/rid_E1363665472106/
・似合うアクセサリーの見つけ方 ~シルバー篇|カラーコンサルタント是藤華恵
http://ameblo.jp/kireiiro/entry-11544315278.html

アクセサリー、時計やベルト、鞄など
小物の金具の色を揃えるとすっきりまとまる

似合うアクセサリーの形

・» 突撃取材☆印象アップコンサルタントと考えるピアス選び 〜顔の形編〜 Guequo
http://www.guequo.com/blog/?p=419

・パーティシーズン☆顔型別、アナタに似合うヘアアレンジ|モテ子BEAUTY
http://moteco-web.jp/beauty/22291

丸顔や首が短めな人は、とにかく縦ラインを強調。
服は首長効果・小顔効果のあるVネックが基本。
そしてVラインを強調するY字のネックレスや
I字のピアスで縦ラインの視覚効果を味方につけて。

手首の形とブレスレット

●ぽっちゃり手首
ボリューム感のあるラインのブレスレットや、たくさんのモチーフがついたものが◎。
大ぶりなデザインのものが手首の太さをカバーしてくれます。

●華奢な手首
華奢で繊細な手首をより引き立たせる、細いチェーンのものが似合います
(細チェーンに一点小ぶりのモチーフがついているものも◎)。
手の動作に合わせてしなやかに揺れ、女性らしい魅力をよりひきたててくれます。

●骨格のしっかりした手
ボリュームのあるバングルや太めのチェーンのブレスレット。中太のブレスレットをたくさん重ねづけてボリュームを出したり、時計とブレスレットの重ねづけもかっこいい印象で決まります。

・群馬ジュエリーセレクション-指タイプ別 マリッジリングの選び方- - こまちウエディングnet群馬版
http://www.komachi-wedding.jp/sp/jewel/03.php

アクセサリーの選び方

毎日小物は旬顔にシフトしないと、
どんどんスタイリングが老けてくる

小さなパーツにこそ気を配ってあげるのが大人のゆとりというもの。あなたも、旬の小物をぜひ1つ手に入れて、「服はシンプルなのに、あの人、どこか素敵」と思わせる空気を纏ってください。

装着できる状態であれば、面倒でもつけてみましょう。
このとき、顔の近くや上半身だけを見るのではなく、
たとえ一粒ダイヤのような華奢なネックレスであっても、
全身を映してください。

鏡に映った自分を確認するポイントは二つ。冷静な目で見てくださいね。
一つ目は、顔と比べて、そのネックレスのほうに目がいってしまうかどうか。
二つ目は、全体のバランスがいいかどうか。

アクセサリーというのは、
あくまでもあなたを引き立てる脇役です。
主役になっては本末転倒なんです。
だから、そのネックレスをすることであなたの顔が引き立ち、
そしてネックレスも輝いているという五分五分の関係が理想です。

「そのネックレスどこで買ったの? ステキねー」よく聞きませんか。このフレーズ。
褒められて喜んでいる場合じゃないんですよ。本当にあなたに似合っていたら、
「あれ、なんか今日違う。なんだろう。あ、もしかしてネックレス買ったの?」と言われ、
アクセサリーだけを褒められることはないのです。

その逆で、ネックレスに目がいかないものもNGです。
なぜなら、ネックレスが寂し過ぎると、アクセサリーとしての意味をなしていないから。

リングの印象はつける指によっても微妙に変わってくるものです。
例えば、中指と人さし指ににはシャープなデザインのものが、
小指とくすり指には、女性らしい甘口のデザインのものが
似合います。

どの指につけるかをイメージして選ぶのも重要なポイントになります。

関連

1





気になって集めたものを整理。


個人的メモ
2012/12開始
2016/12/10申請済