1. まとめトップ

恋愛時代《キャスト主題歌あらすじ動画ネタバレ感想》比嘉愛未 満島真之介 佐藤隆太 香椎由宇 淵上泰史

運命の人と、離婚しました 主題歌 ありがとうForever 西内まりや 出演 比嘉愛未 満島真之介 佐藤隆太 芦名星 香椎由宇 淵上泰史 佐津川愛美 横山芽生 中尾明慶 江口のりこ 松川星 大石吾朗 原作 野沢尚 脚本 藤井清美

更新日: 2015年06月20日

5 お気に入り 104382 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

xblgさん

日本テレビ 恋愛時代 4月2日スタート 毎週木曜よる11:59〜

出演
比嘉愛未 満島真之介 佐藤隆太
芦名星 香椎由宇 淵上泰史 佐津川愛美 他
脚本 藤井清美
原作 野沢尚
演出 藤村享平 他
制作 読売テレビ・日本テレビ系

http://www.ytv.co.jp/renaijidai/

野沢尚の不屈の名作をドラマ化! 運命の人と、離婚しました。

3組に1組が離婚し、生涯未婚率も上昇の一途を辿る今の時代に、「結婚」と「離婚」、「恋愛」の意味を改めて考えさせられるドラマ

運命的な出会いで結婚したものの、ある悲しい出来事がきっかけで別れてしまった元夫婦が、離婚した相手のために互いに本気で再婚相手を紹介しあうことになる、という大人のラブストーリー

主題歌 「ありがとうForever...」 西内まりや

西内まりや
にしうち まりや):1993年生まれ。福岡県出身。2007年7月より、ローティーン向けファッション雑誌『ニコラ』の専属モデルとしてモデルデビュー。現在は『Seventeen』のトップモデル。今年秋公開の映画「レインツリーの国」ではヒロイン役として出演するなど女優としても活躍。2014年8月にシングル「LOVE EVOLUTION」で歌手デビュー。この楽曲で同年の日本レコード大賞最優秀新人賞、日本有線大賞新人賞を受賞し、2015年1月に2ndシングル「7 WONDERS」を発売。5月6日

永冨の両親と食事をした衛藤はる(比嘉愛未)。だが、息子の恋人がバツイチであることを会社のイメージ戦略に利用するような発言をされ、違和感を感じてしまう。
そんなはるの様子を社会学者の喜多嶋が興味深く眺めていた。
はるの元夫・早勢理一郎(満島真之介)は、押しかけられる形でかすみとその娘・彩と同居をはじめていた。
ある日「花籠」で鉢合わせたはると理一郎。そこで、意外な事実が明らかになって……。

次回 あらすじ

元夫の理一郎(満島真之介)と多実子(芦名星)の結婚式で無事牧師役を務めあげた衛藤はる(比嘉愛未)。はるはこれを機に心機一転、新しい生活をはじめようと、勤め先のスポーツ・ジムをやめて沖縄に移住しようと決意する。一方、理一郎は多実子に持ち上がったレシピ本の出版話がきっかけで、お互いの心に決して共有できないものがあると気がつきはじめる。それぞれがそれぞれの新しい道を歩み始める中、はると理一郎が最後に下した結論とは……。

キャスト&コメント

出典eiga.com

理一郎の初恋の人。同窓会で理一郎と再会する。
思慮深く、落ち着いた女性。高校時代はハードルの選手で、活動的な一面も持つ。高校時代の理一郎は、多実子に勝手に恋し、勝手に失恋していたのだが・・・

体育会系で、義理堅いが気遣いは苦手。実は小心者で細かいので、仕事は素晴らしく、生徒への指導もわかりやすいのだが、結婚相手としては困り者。理一郎の元妻。結婚期間は1年5か月、離婚して2年半。こんなに短い期間で離婚したのにはある悲しい理由があって――

http://www.higamanami.com

「今は幸せな気持ちでいっぱいです。今までにチャレンジした事がない恋愛物ということもあり、楽しみで仕方ありません。この作品に全身全霊でぶつかっていきますので、私の奮闘を是非たくさんの方に見守って頂けたら嬉しいです」

出典prcm.jp

はるの妹。大学4年生。就職活動で苦戦中。大学の寮で暮らしているが、規則が厳しいため、たまにはるの家に転がり込む。要領が良く、毒舌だが、はると理一郎のことをよく理解している。はるの愚痴の相手でもあり、理一郎をはるの代わりに口撃したりする

はるの父。長崎で牧師をしている。妻を失った後、商業主義に走り、結婚式などを多く行う。また、最近は地方のラジオに出演。恋愛相談に乗っていて人気を博している。魅力的な声で、聖職者らしからぬ砕けた発言をする。妻の死以来はるとは疎遠になっている

はるの小学校時代の友人。バツイチで子持ち。シングルマザーとして、子育てに奮闘中。経済的にも苦しいが、娘にだけは不自由な思いをさせまいと頑張っている。幸せにどん欲でたくましく、気に入った男性にどんどん迫って行く部分ばかり表に出る性格

出典ameblo.jp

かすみの娘。生意気な女の子。かすみが連れて来る男にも冷たく当たるが、実は母のよき理解者で、母には優しくしてくれる男が必要だと思い、待ち望んでいる。

はるの大学時代の先輩。元レスリングの選手。今は宅配便勤務で、自転車で荷台を引っ張り配達するという、体力勝負の仕事をしている。口数は少ないが、言うことは揺らがない。どこまで行ってもはるの味方であるように見えるのだが・・・

水恐怖症で、はるのジムで水泳の特訓中。水の中以外では、何でもそつなくこなす知的な男性。家族社会学が専門の大学准教授。財産家の妻と結婚し、妻の実家の援助で研究費をねん出してきた。はるには興味を抱いている

はるの元夫。文学を愛する男。若干芸術家気質で理屈っぽいので、その感覚が刺激される作業は好きだがそれ以外は嫌い。掃除は一番の苦手。先端恐怖症。はるのツッコミにはカチンとするものの、無いと物足りないと感じている
http://www.humanite.co.jp/actor.html?id=14

「野沢尚さん原作、まさか私が『恋愛時代』。だからこそ、張り切って男を磨こうと決めました。スタッフ、キャスト力を合わせて直球勝負、挑みます」

1 2 3