1. まとめトップ

B'z稲葉、山下達郎、矢沢永吉…大御所ぞろいの『龍が如く』テーマ曲全集

毎回大物ゲスト俳優や女優が起用されることでも話題にのぼる人気ゲーム『龍が如く』は、使用される楽曲も豪華。これまでに湘南乃風、氷室京介、矢沢永吉、ONE OK ROCK、RIZE、Zeebra、ケツメイシ、稲葉浩志(B'z)などが参加されています。全部ふりかえってみましょう。

更新日: 2019年07月15日

22 お気に入り 223592 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

tAkUさん

―『龍が如く』(りゅうがごとく、Yakuza)は、セガより2005年12月8日に発売されたPlayStation 2用ゲームソフトおよびシリーズ作品名。

廉価版・続編・外伝含め全世界累計発売本数は600万本を突破している超人気シリーズ!

これまでに、矢沢永吉、氷室京介、山下達郎、クレイジーケンバンド、ワンオク、湘南乃風などが参加しています。

【龍が如く】

※主題歌、挿入歌とくになし

【龍が如く2】

挿入歌:クレイジーケンバンド「黒い傷跡のブルース」

エンディング:クレイジーケンバンド「12月17日」

クレイジーケンバンド(CRAZY KEN BAND)は、日本のバンドである。略称CKB、クケバ。

ロックンロール、ポップス、歌謡曲、ソウル、ジャズ、ファンク、ブルース、渋谷系、演歌、ロカビリー、ラテン、ボサノヴァ、R&B、AOR、ヒップホップ、アジア歌謡等、多くのジャンルの要素を柔軟に取り入れた自由奔放なミクスチャー音楽が特徴で、幅広い年代のファンを持つ。松任谷由実、高橋克典、小西康陽、近田春夫、そして森光子(横山いわく「最高齢のファンだと思います」)ら、業界内にも熱心なファンが多い。

『龍が如く2』クレイジーケンバンドの「黒い傷跡のブルース」がかかる、雨の蒼天堀川のシーンは印象的。

【龍が如く3】

エンディング:矢沢永吉「想いがあふれたら」

矢沢 永吉(やざわ えいきち、1949年9月14日 - )は、広島県広島市南区仁保出身のロックミュージシャン。身長180cm、血液型B型。

愛称は「永ちゃん」「ボス」。ロゴマークの"E.YAZAWA"は商標登録されている。ファンが熱狂的であることで知られている。ほぼ全曲にわたる作曲、及び数曲における作詞を手掛ける。

1960年代から活動してきたロック・アーティストで、今日まで第一線で活躍してきたアーティストは矢沢以外いない。矢沢の偉大さは「成りあがった」ことより、その後もずっとビッグであり続けたことにある。1977年8月26日、日本人ソロ・ロックアーティストとして初めて日本武道館でコンサートを行い、日本武道館最多公演記録を更新中。日本武道館を"ロックの殿堂"に押し上げる。

【龍が如く4 伝説を継ぐもの】

主題歌:ZEEBRA「Butterfly City Feat. RYO the SKYWALKER & Mummy-D & DOUBLE」

【龍が如く5 夢、叶えし者】

1 2 3 4