1. まとめトップ

第7位:ドリル作業員
2022年の推定雇用率:-6%

技術の進歩により、従来より少ないドリルでより多くの作業が可能に。製造業での人員削減が進むとみられる。

第8位:印刷業者
2022年の推定雇用率:-5%

デジタル化により紙製品は減る一方。

第9位:税務調査官及び収税吏
2022年の推定雇用率:-4%

技術の進歩に伴い企業の効率化が進み、税の調査や徴収業務の必要性も減る。

● あと10年、2027年ごろには「消える職業」「なくなる仕事」

銀行の融資担当者
スポーツの審判
不動産ブローカー
レストランの案内係
保険の審査担当者
動物のブリーダー
電話オペレーター
給与・福利厚生担当者
レジ係
娯楽施設の案内係、チケットもぎり係
カジノのディーラー
ネイリスト
クレジットカード申込者の承認・調査を行う作業員
集金人
パラリーガル、弁護士助手
ホテルの受付係
電話販売員
仕立屋(手縫い)
時計修理工
税務申告書代行者
図書館員の補助員
データ入力作業員
彫刻師
苦情の処理・調査担当者
簿記、会計、監査の事務員
検査、分類、見本採取、測定を行う作業員
映写技師
カメラ、撮影機器の修理工
金融機関のクレジットアナリスト
メガネ、コンタクトレンズの技術者
殺虫剤の混合、散布の技術者
義歯制作技術者
測量技術者、地図作成技術者
造園・用地管理の作業員
建設機器のオペレーター
訪問販売員、路上新聞売り、露天商人
塗装工、壁紙貼り職人

● あと20年、2037年ごろには「消える職業」「なくなる仕事」

車の運転をする仕事

電車の運転、タクシードライバー、トラックドライバー、バスの運転手、宅配便、各種送迎、この手の職業は絶対無くなります

人を一人雇うコストより、自動運転車のコストのほうが安くなるタイミングが絶対来ますから

もしお子さんが「将来運転手になりたい!」と言っても絶対止めるように・・・

通訳、通訳

内科医

万能翻訳機ができるような時代であれば、問診ぐらいならPCやタブレットで可能になるはずで・・・

弁護士

会計士

要するに、士業関係の仕事はコンピューターが担える内容が多いので、士業全般が厳しい

プログラマ

●あと30年で「消える職業」「なくなる仕事」

外科医

1 2