1. まとめトップ

ブランド豚肉 特徴一覧『三元豚』『イベリコ豚』『あぐー豚』

『イベリコ豚、あぐー豚、プラチナポーク。。。なんとなく高級そうなと思っているけど、実際のところどんな豚肉なの?』という疑問から、日本・世界のブランド豚肉をまとめました。平牧三元豚、白金豚、TOKYO X、あぐー豚、イベリコ豚、梅山豚、金華豚/金華猪

更新日: 2015年04月20日

10 お気に入り 70014 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

MillionCさん

【今回紹介するブランド豚/銘柄豚】
平牧三元豚、白金豚、TOKYO X、あぐー豚、イベリコ豚、ヨークシャー豚、バークシャー豚、ランドレース豚、デュロック豚、ハンプシャー豚、梅山豚、金華豚/金華猪

▶︎平牧三元豚(山形県)

豚肉のおいしさと安全性を求めた平牧三元豚は、成長に合わせた餌を食べています。非遺伝子組み換えのとうもろこしと大豆粕。肉骨粉などの動物性たんぱく質を一切含まない、植物性中心の飼料。おいしい肉に育てるために、肉を作る餌へのこだわりが、平牧三元豚の味を支えております。

▶︎白金豚(岩手県)

当社の養豚場は、奥羽山脈の山間にあり、豚の飲用水として山の湧き水を使用しています。さらに、その水を釜石でとれたミネラル群たっぷりの鉱石で濾過した、極上の活性水を与えています。豚達は、生まれてから出荷されるまで、常時その極上活性水を飲んでいるので肉質やわらか、肉味まろやかな仕上がりになっています。

▶︎TOKYO X(東京都)

東京Xの特徴はそういった豚肉の味の良さにもありますが、ほかの豚肉の2 倍ほどのビタミンを含んでいることも大きな特徴です。

▶︎あぐー豚(沖縄県)

全体:小型,中躯短め
頭部:ややしゃくれ,眉間のしわ
耳 :中程度の大きさでやや立ち
皮毛:黒色,毛深く,癖のある長毛
背線:中央でやや陥没
腹部:やや下垂
肢蹄:短めで太く,副蹄が接地
大人になったアグーの体重は約110kgですが,西洋品種は200~300kgです。

http://okinawa-agu.com/how_body.html

霜降りの割合(筋肉内脂肪含量)が一般肉豚(LWD)に比べて5%と多い。
脂肪の溶ける温度(脂肪融点)が一般肉豚(LWD)に比べて38.1度と低く,口の中に入れると,脂がとろける。
食味試験では,肉が柔らかく,脂に甘みや旨みがある。と評価されました。
http://okinawa-agu.com/how.html

▶︎イベリコ豚(スペイン)

肥育期間中には自然のどんぐりや牧草を食べているため、イベリコ豚の豚肉には独特の芳香とオリーブオイルに含まれることでも有名なオレイン酸を豊富に含む脂肪が特徴です。また、広い牧草地を歩き回りながらどんぐりを捜しているので毎日適度な運動量があり、筋繊維の中に細かい脂肪が入り込むことで霜降り状の上質な豚肉になります。

▶︎ヨークシャー豚 - Yorkshire (イギリス)

ベーコンタイプの代表的な品種。繁殖能力に優れていて、一腹あたりの生産頭数が多い。肉質は、赤肉と脂肪の割合に均衡が取れており、加工品の原料として高い評価を得ている
http://ajmic.or.jp/kumiai/2010pdf/p65-66.pdf

▶︎バークシャー豚 - Berkshire(イギリス)

イギリス西部バークシャー地方とウィルッシャー地方の在来種にシアメース種、中国種、ネオポリタン種などを交配して成立。 日本では鹿児島地方に多く飼育
されており、「黒豚」の名で親しまれている。
http://ajmic.or.jp/kumiai/2010pdf/p65-66.pdf

▶︎ランドレース豚 - Landrace(デンマーク)

デンマークの在来種に大ヨークシャー種を交配した白色種。
 250キロから350キロの大きさになる。生育が早く、6ヶ月弱で成長する。
 脂肪分が少なく、赤身の多い肉となる。主に加工肉として使われる。

▶︎デュロック豚 - Duroc(ニューヨーク)

アメリカ東部地方ニューヨーク州、ニュージャージー州原産の豚。赤色の毛で覆われており、耳が折れているのが特徴。
 300キロ~380キロの大型の豚で、肉に多く脂肪が混じる、いわゆる霜降りの肉になる。

▶︎ハンプシャー豚(マサチューセッツ)

出典jbeef.jp

アメリカのマサチューセッツ州、ケンタッキー州原産の豚。気は黒色だが、前足から肩にかけて、白色の毛が生えている。
 バークシャー種と同じくらいの大きさで、赤身が多く、かつては日本でもよく養豚されていたが、現在はより肉質の良いデュロック種にその座を奪われている。

▶︎梅山豚 -メイ・シャン・トン (中国)

中国でポピュラーな、太湖豚(タイ・フウ・トン)の原種。1972年の日中国交正常化の際に、中国から10頭が寄贈され、農林水産省が保有している。
 1989年に塚原牧場が雄2頭、雌10頭を輸入し、翌年中国から輸出禁止となったため、現在流通し、飲食店で食べられるのは、塚原牧場の梅山豚。
 塚原牧場の梅山豚は、梅山豚の原種に、デュロック種を掛け合わせたもの。

▶︎金華豚/金華猪 - きんかとん (中国)

中国浙江省金華地区を原産とする豚。100キロ~120キロとかなり小型な豚。
 肉質が良く、金華ハムの原料として知られている。

1 2