1. まとめトップ
  2. デザイン・アート

今ではどこにでも見かけるガムボールマシン

お金を入れて出てくるまでのワクワクたまりませんよね(*^^*)

みなさんもよく食べたのではないでしょうか。

アメリカでは、1888年にニューヨークの駅に”トゥッティ フルッティガム”を販売するマシンが設置。

最初は長方形だったんですね

1907年にキャンディーでコーティングされた丸いガムボールとガムボールマシーンが登場

中が見えるのでガムだとわかるし、カラフルな色も子供達を喜ばせたのではないでしょうか

他にもキャンディマシーン、キャンディディスペンサーとも言われています。

今ではいろんな形に発展

ガムが転がるのが楽しいですよね

何度でも挑戦したくなりそう!

これはトラウマものでは…

レバーを引けば舌から出てくるようです。

お菓子やスナックを入れるだけじゃない!? ディスプレイとして有能

自分の集めているものや思い出など、詰めるだけでも一味違ったインテリアに!

マッチがはいってますね

ブロックとか入れてもかわいいかも

ヴィンテージのガムマシーンにジュエリーをいれています

宝箱みたい

パールだと上品な感じ

白黒の写真とジュエリーが雰囲気に合っていますね

素材入れにも

1 2 3





halutomatoさん

気になること・好きなことを
とことん調べたい!
そんな気持ちでまとめていきます。