1. まとめトップ

【ボディービル力士】注目!朝山端ってこんなお相撲さん!

ボディービル出身の力士・朝山端(あさやまばな)(高砂部屋)が鮮烈デビューしたニュースが駆け巡りました!ボディービル力士、ムキムキ力士と称される朝山端ってどんな力士なのか?気になったのでまとめてみました!

更新日: 2018年04月23日

0 お気に入り 12418 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

Kogane2015さん

■朝山端(あさやまばな) (高砂部屋)プロフィール

■そんな朝山端は、国内のボディービル新人大会で5位になった実績がある

■初戦の相手は、新弟子検査最軽量67kgだった竹内(北の湖部屋)

◆大相撲春場所8日目(15日、大阪・ボディメーカーコロシアム)
前相撲が行われ、ボディービルディング出身の異色経歴を持つ山端克忠改め朝山端(あさやまばな、22)=高砂=が念願の初土俵を踏み、白星デビューを飾った。入門したての肉体が未熟な力士らの中に混じり、一人だけ182センチ、120キロの筋骨隆々の浅黒マッチョな肉体。
異彩を放つ中で、対戦した身長172センチ、体重67キロの竹内(15)=北の湖=に頭突きをぶちかまして電車道で押し出し。土俵下の砂かぶり席まで豪快に吹き飛ばした。

■本来は9日にデビューする予定だったが…

2日目の9日に出場予定だったが、7日に蜂窩織炎(ほうかしきえん)のため入院。右足小指のけがから細菌が入り、化膿し14日に退院したばかりだった。

■取組後はボディービルの得意ポーズ「ダブルバイセップス・フロント」を披露!

■体はスゴいが、相撲は未経験。これからの逸材!

「いまだに当たって押すことしか教えてもらえない。まわし取るのはまだ早いって言われてます」。

■所属は、名門「高砂部屋(たかさご)」

■師匠の高砂親方は、元大関・朝潮(あさしお)として有名

「最初はちょっと緊張したけど、若松親方(元幕内朝乃若)から当たって押せ、と言われていた」

■高校の同窓生には、阪神期待の島本浩也投手が!

プロ野球の阪神タイガース、島本浩也投手とは福知山成美高で一緒に寮で生活していたといい、2014年11月に阪神タイガースで初めて育成枠から支配下登録へとステップアップした島本浩也投手の存在が、いい刺激になっています。

2014年のオープン戦で活躍する島本浩也投手は、スポーツ新聞でも大きく扱われており、「自分もやってやろうと思いました」と奮起しています。

■今後も外国人力士に負けない活躍を期待しましょう!

1