1. まとめトップ
  2. IT・ガジェット

ジョブズも崇拝した天才数学者「アラン・チューリング」が現代に残した偉大な功績

大ヒット公開中の映画『イミテーション・ゲーム』の主人公「アラン・チューリング」。彼が現代に残した功績は大きく、あのスティーブ・ジョブズも崇拝していました。彼の偉大な功績やAppleとチューリングの関係までまとめています!

更新日: 2015年04月08日

336 お気に入り 126855 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

霧生幻さん

映画『イミテーション・ゲーム』満席続出で大ヒット上映中!

『イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密』公式サイト
http://imitationgame.gaga.ne.jp
予告編はこちらから!

3月13日(金)に公開され、メイン館のTOHOシネマズみゆき座で初回から全回満席を記録したほか、全国各地でも満席が続出する大ヒットスタートを切った『イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密』。

世界最強の暗号”エニグマ”に挑んだ実在の天才数学者アラン・チューリング。これまで世に知られてなかったひとりの天才の数奇な半生を大胆に映画化した

ゲイの天才数学者アラン・チューリングを演じたのはベネディクト・カンバーバッチ。時は第二次世界大戦、ナチス・ドイツ軍が世界に誇った暗号機「エニグマ」による暗号の解読に成功するも、悲劇の運命を遂げるチューリングを熱演する。

ベネディクト・カンバーバッチ史上最高の熱演と評され、アカデミー賞「脚色賞」を受賞した本作は、“ベネ”ファンの女性のみならず、暗号解読と天才の秘密にまつわる“泣けるミステリー”としての実話に、10代からシニアまで幅広い層から支持を集めている。

仕事が少し早めに終わったからダッシュでレイトショーで観に行ってきた『イミテーション・ゲーム』。カンバーバッチに泣いた。

林檎ユーザーとしては観に行かねばと イミテーション・ゲーム観てきましたー。 ベネ様は変人、天才がすっかり板についてる(笑) キーラが最初から最後まで凄く魅力的で救いの女神でした。

【イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密】カンバーバッチもキーラ・ナイトレイもいいけど、マシュー・グードとマーク・ストロングがかっこよすぎて二人を眺めているだけで飽きない。特に、第二次世界大戦時のMI6としてのM・ストロングの佇まいの美しさには、もはや溜息しか出ない。

カンバーバッチが熱演した天才数学者はこのお方!

アラン・チューリング(Alan Mathison Turing, 1912年6月23日 - 1954年6月7日)はイギリスの数学者、論理学者、暗号解読者、コンピュータ科学者。

チューリングの業績とその影響は数学、計算機学、生物学、化学、哲学にまでおよぶ。紛れもなくチューリングは20世紀最高の頭脳の1人だろう。

もし彼がいなかったら、現在の「コンピュータ」そのものが存在していないかもしれない、というほどの業績を成し遂げた重要な人物なのだ。

チューリングの業績、理論、モデルの数々は、今でも大学でコンピュータサイエンス、数学、および哲学のカリキュラムで取り上げられている。

チューリングが現代に残した偉大な業績を紹介

映画でもメインで描かれているのはこの部分。この功績によって1400万人の命を救ったとされる。

エニグマは、天文学的な組み合わせパターンを有しており、解読は事実上不可能といわれる史上最強の暗号機。

彼の功績は、ドイツ軍が誇った世界最強の暗号「エニグマ」を解読し、情報戦において英国を勝利に導いたこと

チューリングは電気機械式の、部分的に自動化された暗号解読装置「Bombe」(ボム)の設計で主導的役割を担った(訳注:劇中でチューリングはこの装置を「クリストファー」と呼んでいる)。Bombeはナチスの「Enigma」(エニグマ)暗号機を用いた暗号通信の解読に決定的な役割を果たした。

エニグマ解読によって大戦の終結は2年以上早まり、1400万人が死なずにすんだと試算されている。彼は明らかに、歴史を変えた人物であった。

1937年に今日のコンピューターの数学的モデルと評されるチューリング・マシンを考案

チューリングマシンは1936年に発表された彼の論文、 「計算可能数についての決定問題への応用」 の中で、計算を数学的にモデル化するために提唱された仮想の計算機です。

チューリングマシンで「アルゴリズム」と「計算」の概念を定式化し、計算機の発展に大きな影響を及ぼし、またコンピュータの誕生に重要な役割を果たした

チューリングマシンそのものは理論だけの存在であり、実際に製作されたわけではないが、現在のコンピュータも突き詰めればチューリングマシンの原理に従っていると言える。

若干24歳のときに発表した「計算可能な数について」という論文は、現代的な意味でのコンピュータの概念を与え、チューリングはコンピュータの父となった。

創成期のコンピューターに数学的側面から大きな影響を与えた功績から「計算機科学の父」とされている。

今、私たちが使っているスマートフォンやパソコンの元となる「コンピューター」の原型をチューリングが造り上げた

チューリングは1950年に「計算する機械と知性」Computing Machinery and Intelligence)という論文を発表。人工知能の問題を提起、今日チューリングテストとして知られている実験を提案しています。

チューリングテスト (英: Turing test) とは、アラン・チューリングによって考案された、ある機械が知的かどうか(人工知能であるかどうか)を判定するためのテスト。

1 2

関連まとめ