1. まとめトップ

名探偵コナン バーボンと宮野エレーナの関係は? 黒幕はエレーナ?

遂にバーボンは公安警察の捜査官だったと判明。そして灰原の母親である宮野エレーナと、 バーボンとの関係は?さらにエレーナはあの方だった?

更新日: 2017年08月29日

6 お気に入り 293070 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

YAMANEKOさん

宮野エレーナとは誰なのか?

宮野明美・志保姉妹の母で、イギリス人。

宮野明美・志保姉妹の母で、イギリス人。夫・厚司と共に組織の科学者であり、彼と共に事故死したとされている。

物静かな性格で、無口だった様子。コードネームは不明だが、「ヘル・エンジェル(地獄に堕(お)ちた天使)」と称されていた。しかし、実際は娘との「別れ」を悟り、志保への誕生祝いを録音したカセットテープを用意するなど娘思いであった

娘には優しい?

エレーナと厚司が開発中だった薬

エレーナと厚司が開発中だった薬を、灰原(宮野志保)が受け継いで開発した薬。
エレーナらが開発中だった薬に近い効果がある。

志保に向けて遺したカセットテープのうち18歳用のテープに、開発中の薬について「シルバー・ブレット」と夫と共に願いを込めて呼んで作っていたこと、そして薬の完成に娘との「別れ」が必要であるという情報を遺している

この薬に黒ずくめの組織の真の目的のひとつが隠されていると思って良いだろう

宮野エレーナはこの薬が恐ろしい物だと考えながらも、願いを込めて夫の厚司とともに「シルバーブレット(銀の弾丸)」と呼んでいた。

なにか願いがあったのか?

黒ずくめの組織のバーボン

ベルツリー急行の事件では灰原を組織に連れ去ろうとしていた。
85巻で赤井を捕まえようとしたのと同じように、灰原を組織に生きたまま連れ去り、手柄をあげ、組織の中心部に組み込もうとしていた。

29歳。表の顔は私立探偵・安室透で、素顔での初登場直後に喫茶店「ポアロ」のアルバイト店員兼小五郎の弟子となる。情報収集・観察力・洞察力に長(た)けており、組織では主に情報収集などを担う探り屋として活動している。

キールが危険を冒してまでFBIに警告するほどの切れ者で、赤井秀一からも「敵に回したくない男の一人」と評されている

あの赤井秀一も認めるほどの男

実は組織に潜入している捜査官

公安警察の捜査官であり、組織に潜入している。だが、警視庁の高木刑事らは、全く面識がない模様。
本名は降谷零。小さいころのあだ名はゼロだったという。

警察学校時代は成績も常にトップの優等生だった。伊達航とはその時の同期で、長らく音信不通でありながらも、互いを気にかける友人同士であった

アニメ「命を懸けた恋愛中継」の回で伊達の墓参りに来た高木らを、墓石の影から見ていた。

組織のメンバーとはあまり協力せず独断専行する傾向にあるため、ジンからは半ば疎ましがられている

組織とはあまり協調していない模様。潜入捜査であるためであろうか。

スコッチとバーボンと赤井秀一

共に公安から組織に潜入していた仲間であるスコッチの死に深く関わった赤井秀一を憎んでいる。このため、公安警察として黒の組織の潜入捜査をするだけでなく、隙あらば組織のメンバーとしての立場を利用して、スコッチの敵を討つべく赤井個人への復讐も目論(もくろ)んでいる。

普段は、関係のないひとを極力巻き込まないようにし、かつ冷静なバーボンだが、赤井がからむと、感情をむき出しにするのは、スコッチのことがあったからだと考えられる。

バーボンは、エレーナと面識がある

生前の宮野厚司、エレーナ、明美とも面識があり、ベルツリー急行でシェリー(正確には怪盗キッドの変装)と対面した際には、「さすがヘル・エンジェル(エレーナ)の娘さんだ…よく似てらっしゃる…」と声をかけていた。特にエレーナとは少年時代から親しかったようであり、回想ではけんかなどで傷を作ってくるたびに手当てをしてもらっていたことが描写されている。また、エレーナは、少年時代のバーボンに先生と呼ばれていることから、何らかの教育をしていた可能性もある。

エレーナは敵?それとも味方?

エレーナは、夫の厚司とともに、事故で亡くなったことになっている。しかし、バーボンの回想シーンで、エレーナが少年時代のバーボンに対して、「先生・・・遠くに行っちゃうから・・・」「バイバイだね・・・」「零くん・・・」と話していたり、灰原にのこしたカセットテープに、「お別れしなくちゃいけない」と入れていることから、事故死を装って、まだどこかにいる可能性はある。
作品の重要な意味を握った人物であることは間違いない。

1