ハローワーク(公共職業安定所)は現在、基本的にすべての求人申し込みを受理しなければならないことになっている。このため、残業代を支払わないなど、労働基準法違反が繰り返し認められるような会社からの求人申し込みも受理せざるをえない。

出典ブラック企業はハローワークで「求人できない」 この方策で「働く者」は救われるか?|弁護士ドットコムニュース

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

ブラック企業対策!ハローワークの新卒求人拒否も織り込んだ『若者雇用対策法案』とは

過重労働などで社会問題になっているブラック企業対策として、ハローワークがブラック企業の新卒求人受理を拒否できる、優良企業に助成金を出すといった内容が織り込まれた『若者雇用対策法案』が3月に閣議決定されました。

このまとめを見る