現在、政府が検討を進める若者の雇用対策法案は、公明党が昨年5月に政府に提言し、衆院選の重点政策に掲げて推進してきたものだ。

公明党は、これまでも、35歳未満の若者の就職を支援する「わかものハローワーク」の拡充や、ブラック企業対策として、ハローワークに在職者向け相談窓口の設置などを進めてきた。

これからも、若者が将来に希望を持って社会で活躍できるよう全力で応援していく。

出典若者雇用対策を法整備へ | ニュース | 公明党

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

ブラック企業対策!ハローワークの新卒求人拒否も織り込んだ『若者雇用対策法案』とは

過重労働などで社会問題になっているブラック企業対策として、ハローワークがブラック企業の新卒求人受理を拒否できる、優良企業に助成金を出すといった内容が織り込まれた『若者雇用対策法案』が3月に閣議決定されました。

このまとめを見る