1. まとめトップ

2017年版MacKeeperをやっつけろ!!超迷惑アドウェアを瞬殺する方法

Mac OSを狙う闇のソフトウェア「MacKeeper(マックキーパー)」その勢力の拡大と手口を暴く!無料を謳い偽装ダウンロード広告を利用し数多くのMacへ侵入。ウイルス感染除去詐欺、ブラウザアドウェア広告ラッシュ新参マックユーザー達を次々に地獄へと引きずり込むMacKeeperの削除方法を紹介

更新日: 2017年02月20日

IkaTaroさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
16 お気に入り 362571 view
お気に入り追加

今なお猛威を振るうMacOSおなじみ超迷惑アドウェアMacKeeper(マック・キーパー)

ASIMOぽくもあるつるっとした白いボディに未来的な印象が特徴的ロボット風「MacKeeper」イメージキャラクター
MacOS関連のユーティリティ系ソフトウェアを装った悪名高き闇のソフトウェアであるとは、初心者は簡単に見抜く事は不可能だ。
クリーンに見えるWEBサイトデザイン
少ないクリックであっという間にインストールが完了するインストーラーなど不正アドウェアとしては非常に優秀な設計がなされている。隙がない非常に危険なソフトウェアだ。削除方法が知りたい方は記事最下段を読んでください。

2010年ZeoBit社がMacKeeperを生み出した。

2013年産ZeoBit社からKromtech Alliance社へ売り渡される

2013年経緯は不明だがMacKeeperはZeoBit社からKromtech Alliance社へ売り渡された

Googleのターゲティング広告やフリーウェア配布サイトのDownloadボタンに偽装した広告を利用し急速に勢力を広げた。

Macシステムエラーやウイルスへの感染を捏造。あたかも深刻なエラーが発生したかのように大げさなスキャン結果通知でユーザーの不安を大きく煽る

MacKeeperをインストールするとMacのパフォーマンスは大きく低下し削除も困難を極める。

無料でダウンロードしたMacKeeperでウイルスの駆除や問題の修復をすぐに行っても最終的には、ユーザーが有料版のMackKeeperを購入をしなければ完全に問題を解決できないと誤解をさせることで、MacKeeperを売りつけるビジネスで成り立っている。
架空の問題を解決させるために、ソフトウェアという名のウィルスを買わせる。
インストールしたら最後、鳴り止まない問題報告と鬱陶しい広告表示に悩まされMacKeeperの搾取地獄のループから抜け出せなくなる。
出会い系の利用料金の架空請求にも似ている。
どちらも焦って解決しようとせず。問題に詳しい人物に相談するなど対応しましょう。

MacKeeperは2015年以降も進化続け削除がより困難にパワーアップ

これら2015年代の対策は最新版のMacKeeperには通じない模様

MacKeeper瞬殺!2016年 超優秀アドウェア削除ツール「AdwareMedic」(アドウェア・メディック)

この記事が役に立ったらいいね!もしくはシェアお願いします。

MacKeeperに長い間、苦しめられて来た人は僕の身近な人達を含め日本に大勢の方がいらっしゃる事だと思います。
MacKeeperに皆さん怒りの一撃を食らわせるためにも、どうぞFacebook,Twitter等で支援お願い致します!
一人でも多くのMacユーザーの皆様がMacKeeperから救われる事を祈ります。

1 2





IkaTaroさん

インターネットに転がるさまざまな情報を、まとめていく所存です。

このまとめに参加する