1. まとめトップ

【斎藤工監督】大橋トリオMV参加の宮城秀貴とは?!村上淳&虹郎、金子ノブアキら

その風貌から一度見た人は忘れない。日本人とは思えない彼の存在感と世界感。「mythography」「but no more and no less ...」というshoes brand を手掛けるdesigner。

更新日: 2015年04月06日

2 お気に入り 4760 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

<「Parody」episode2(親子編)>

2004年~2011年
某アパレル会社(シューズブランド)勤務
2011年
浅草の靴OEM会社勤務
2012年
mythographyを始める。
2012年12月
独立
mythography以外にもドメスティックブランドの靴作りに携わる。

メガネ。ハット。ガウン。ナバホジュエリー。彼を彩るモノにも彼のこだわりが感じられます。

・mythographyの意味 : 神話、神話芸術(2012/AW~)
【CONCEPT】
それは靴を主役にした物語である
靴を履く事が当たり前になっている今…
それは日常と化している
そこにmythography は存在しない…
「靴を履く意識」
その意識を変えてほしい…
そして 自身のmythography を描いてほしい
ただそれだけの事…

・but no more and no less ... : ただそれだけの事…(2015/SS~)
【CONCEPT】
身に付ける…ではなく生活(時間)を共有する。
そんな関係でいたい…いつまでも…ね。
ただそれだけの事…

宮城秀貴のSNSなど日々の情報は下記から↓

出典ameblo.jp

フィルムカメラでの撮影も好き
やはりデザイナーは創作が好き。。。

mythogaraphyのmaintenace(メンテナンス)動画。彼の存在感が動画から垣間見れる。
流れている音楽は彼の古くからの友人が彼をイメージして作成したらしい。。。

1