1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

chiety1223さん

井賀孝のプロフィール

生年月日 1970年7月21日
出身 和歌山県和歌山市
身長 170cm
体重 68kg

1970年7月21日、和歌山県和歌山市に生まれる。高校時代にはじめたボクシングは近畿大会2位。95年ヒューロン大学日本校卒業。その後プロカメラマンを志し、独学で実績を積む。97年から一年間ニューヨークに滞在。当地で出会ったブラジリアン柔術がきっかけで「闘う写真家」の道を決意する。帰国後、本格的に柔術、レスリング等に取り組みはじめ、今日に至る。今回のブラジル滞在中には紫帯のブラジル人柔術家から一本を奪う快挙も。現在、各種雑誌にて主に格闘家、アーティストを中心に撮影をこなす気鋭のカメラマン。一児の父。

ブラジリアン バーリトゥード【単行本】 井賀孝 (著)

最強の男たちはこうして生まれる! 柔術、ルタ・リーブリ、レスリング、ムエタイ…。すべてを包含する総合格闘技の進化型はここにあった。ブラジルとの、ブラジル格闘家との邂逅を写真と文で綴った1冊。

山をはしる―1200日間山伏の旅 【単行本】 井賀孝 (著)

故郷で知った伝説の修験者「役行者」との因縁に導かれ、いまに息づく神秘の世界・山伏修行に身を投じた著者。東京、吉野~熊野、八海山、羅臼岳、そして富士山―時空を超えて日本の山を駈けた渾身のルポルタージュ。

不二之山【単行本】 井賀孝 (著)

山伏として過ごした約3年間の日々を描いた『山をはしる―1200日間山伏の旅』(小社刊)は各メディアで大きく取り上げられ、2013年には世界遺産吉野の金峯山寺にて写真展を開催。
現在も大峯山、八海山、出羽三山などで山伏修行を続けながら、さまざまな媒体において格闘家やスポーツ選手、アーティスト等の撮影にあたる。トライフォース柔術アカデミー池袋本部にて柔術の指導者としても活躍中。

すべての山を登れ。 【単行本】 井賀孝 (著)

内容紹介

〈山頂で船のスクリューを見たんだ〉
修験の山――大日岳
そこにある山――龍門岳
圧倒的なる山――笠ヶ岳
水の山――甲武信ヶ岳
海の山――利尻岳
武の山――三峯山
南国の山――開聞岳
両性具有の山――モッチョム岳
おらが山――高尾山
不死の山――富士山

1