1. まとめトップ

マジか!北海道・稚内市の道路標識はロシア語併記が当たり前だった

北海道・稚内市の道路標識には、なんと、ロシア語が併記されているそうです。

更新日: 2015年03月18日

5 お気に入り 12546 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

edmm89さん

人口は約3万6000人。
1年を通して冷涼であり、7月の平均最高気温ですら19.7度と20度に満たない。冬は晴れ間が少なく、ほぼ毎日、雪が舞う。

稚内市街の景色である。ここから、ロシア(サハリン)までの距離は最短で43kmに過ぎない。

稚内から、サハリンのコルサコフまでは定期船もあり、ロシアとの人的・経済的交流がある。

そんな稚内市の道路標記はロシア語併記が当たり前だった!

日英露の三ヶ国語標記です。

「道の駅わっかない」のロシア語標記は省略されていますが・・・

きちんとロシア語が入っています。

稚内を訪れるロシア人がやはり多いのでしょうね。

「バスのりば」の5文字をロシア語に翻訳すると、19文字になるようです。

道路標識だけじゃない・・・

日本にこんなところがあったとは・・・。

他の地域ではお目にかかることはできません。

日本人が経営する商店にもロシア語標記がしばしばみられます。

英語はなく、日本語とロシア語標記だけになっています。

ちなみに、北方領土に近い根室でもロシア語の表記がよくみられるという

距離でいうと約500km程度離れている稚内と根室ですが、こちらもロシア語の表記が多いそうです。

1