1. まとめトップ

千と千尋で出てくるアレがおいしそう☆台湾料理の肉圓(バーワン)

千と千尋の神隠しで出てくる、お父さんがおいしそうに食べている料理のひとつ、肉圓(バーワン)がまだ日本では珍しいのご紹介。

更新日: 2019年01月08日

17 お気に入り 17530 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

肉圓おいしいです。

moepapaさん

肉圓(バーワン)とは

ジブリ映画の「千と千尋の神隠し」の中で、千尋のお父さんが街中でむさぼり食べていた、コレ、が話題になり、台湾の屋台風景がモデルになっていることから、台湾料理の肉圓(バーワン)だろう、と話題になっています。

外の皮はプリッと弾力性があり、モチのような食感です。蒸すと半透明になり、中にはしいたけ、タケノコ、豚肉などジューシーな餡が入っていて、これにお店ごとのオリジナルである甘辛いソースをかければ、食欲がそそられます。

半透明の楕円形で、中には豚肉などの餡が入っています。かつて台湾で物資が不足していた時代に、豚肉は旧正月の大みそかなどの祝日に食べる食材でした。

彰化県の北斗地区が発祥の地と言われ、当初は、さつまいもを乾燥させて粉にした後、三角形にこね蒸したもので、餡は入っていませんでした。その後、多くの改良が加えられ、豚肉、タケノコ等の具材が入るようになり、いまの「肉圓」(バーfワン)の形になりました。
タレについては、甘口、辛口の2種類があります。北部の肉圓のタレは、トマトソースをベースにした甘口で、南部の肉圓のタレは伝統的な醤油とおろしにんにくを合わせた塩味のきいたタレを用います

ぷるぷるした皮にうまみたっぷりの餡で、煮込み系料理としては絶品ですね。
そのほか、冷やして食べる「涼圓」(水まんじゅう)も肉圓の一種です。ビー玉のように透き通り、作り方は肉圓とほとんど同じで、蒸した後に冷まして醤油につけて食べます。夏の暑さが吹き飛ぶおいしさです。

ギャラリー

モチモチの皮に、とろりとしたタレをかけ、絶品の料理です。

おいしい軽食くらいの扱いで台湾でも人気です。

動画

食べられるお店

麗郷 渋谷店 (レイキョウ)

渋谷にある台湾料理のお店です。肉圓を出しています。上品なお店構えです。

もちもちプルプルの人気料理です。

喜来楽 (シライル)

1 2