1. まとめトップ

【産経新聞】産経ニュースの記事が個人ブログから文章を無断引用か

産経ニュースの記事にて個人ブログの文章が無断引用されました。最近よく耳にする「知的財産権」や「著作権」さらに正しい引用の仕方などについてまとめました。

更新日: 2015年03月19日

2 お気に入り 2651 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

ren12さん

個人ブログから文章を無断引用か

産経新聞社は17日、同社のニュースサイト「産経ニュース」に掲載した記事で「盗用と指摘されても仕方のない不適切な引用があった」として、記事を作成した東京運動部記者を減給処分にしたと発表した。

産経新聞社は17日、インターネットサイト「産経ニュース」に今年1月に掲載したイタリアのフィギュアスケート選手に関する記事について、「盗用と指摘されても仕方のない不適切な引用だった」として、執筆した東京本社運動部記者を減給処分、管理、編集責任を負う小林毅執行役員東京本社編集局長ら編集局幹部3人をけん責処分とした。

「不適切な引用」があったと判断したのは、1月27日に配信された記事「【スポーツ異聞】『真央ママ死亡』に泣いた心優しいソチ五輪メダリスト『コストナー』に降りかかった“ドーピング幇助(ほうじょ)疑惑”」。

産経新聞社は、ニュースサイトに掲載したフィギュアスケートの選手に関する記事について、「盗用と指摘されてもしかたのない不適切な引用によって記事が作成された」として、記事を作成した東京運動部の記者を減給処分にしました。

引用された内容とは

イタリアのスポーツサイトが報じたとして引用した部分が、このサイトを翻訳して個人ブログに掲載していた筆者から「翻訳を盗用された」と指摘されていた。

同社広報部によると、記事中で、イタリアのスポーツサイトが報じたとして紹介した部分は、実際には、このサイトの内容を日本語訳した個人のブログから記者が利用していた。

利用元がブログであることを明示せず、ブログの筆者の許可も得ていなかったという。今月5日、筆者から「翻訳盗用にあたる」と指摘を受け、同社は同日記事を削除した。

イタリアのスポーツサイトが報じたとして引用した部分について、このサイトを日本語に翻訳して個人のブログに載せている人から今月5日、「翻訳の盗用に当たる」と指摘を受け、記事を削除するとともに事実関係を調査していました。

無断引用は著作権の侵害にあたる

最近、知的財産権(知的所有権)という言葉がよくクローズアップされていますが、これは大きく二つに分けることができます。一つは特許権、実用新案権、意匠権、商標権といった「産業財産権(工業所有権)」。そして、もう一つが文化的な創作物を保護の対象とする「著作権」で、これは著作権法という法律で保護されています。

著作権のある著作物を著作権者の許諾を得ないで無断で利用すれば、著作権侵害となります。ただし、許諾なく使える場合に該当するときは、無断で利用しても著作権侵害にはなりません。

第23条(引用)
公正な慣行に合致すること,引用の目的上,正当な範囲内で行われることを条件とし,自分の著作物に他人の著作物を引用して利用することができる。同様の目的であれば,翻訳もできる。

著作権侵害は犯罪であり、被害者である著作権者が告訴することで侵害者を処罰することができます(親告罪)。著作権、出版権、著作隣接権の侵害は、10年以下の懲役又は1000万円以下の罰金、著作者人格権、実演家人格権の侵害などは、5年以下の懲役又は500万円以下の罰金などが定めれれています。

産経デジタルの知的財産ポリシーには

株式会社産経デジタル(以下産経デジタル)は、知的財産権保護の重要性にかんがみ、著作権保護等知的財産権の取り扱いに関し、次のとおり取り組みます。

産経新聞社、日本工業新聞社、産経デジタルは第三者の知的財産権を尊重し、利用者も同様に、この権利を尊重するとみなします。産経デジタルが運営するサイトにおけるコンテンツの著作権は産経新聞社、日本工業新聞社、産経デジタルまたは情報提供者に帰属します。

正しい引用の方法とは

【条件】
・既に公表されている著作物であること
・「公正な慣行」に合致すること
・報道、批評、研究などのための「正当な範囲内」であること
・引用部分とそれ以外の部分の「主従関係」が明確であること
・カギ括弧などにより「引用部分」が明確になっていること
・引用を行う「必然性」があること
・「出所の明示」が必要(コピー以外はその慣行があるとき)

他人の著作物を利用する場合には、「著作物利用の手順」に従って許諾の必要性を調べた上で、必要ならば著作権者から許諾を得ることになります。

「引用」とは、例えば自説を補強するために自分の論文の中に他人の文章を掲載しそれを解説する場合のことをいいますが、法律に定められた要件を満たしていれば著作権者の了解なしに引用することができます(第32条)。

<産経新聞>「フィギュア盗用」で処分(毎日新聞) - Yahoo!ニュース headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150317-…不適切引用っていうかコピペ&パクリ

★産経が記者を減給処分=ブログ「不適切引用」[時事] - ガジェット通信 -  産経新聞社は17日、インターネットサイト「産経ニュース」に「盗用と指摘されても仕方のない不適切な引用で記事が作成された」... tinyurl.com/kwvlvfw

1 2