1. まとめトップ

真似したい!結婚式で感動するおしゃれな撮って出しエンドロールまとめ

結婚式で当たり前となっている「撮って出しエンドロール」。映画のエンドロールのような黒い背景に白文字のエンドロールはもう古い!?近年の傾向とおすすめ撮って出しエンドロールをまとめてみました。

更新日: 2017年08月19日

mamicco_kさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
13 お気に入り 15298 view
お気に入り追加

結婚式で誰もが感動する、おしゃれな撮って出しエンドロールを流したい!

おしゃれな雰囲気にするのはもちろん、

ご両親にも心に残るものを届けたい。

結婚式それぞれにドラマがある

100組の結婚式があれば100通りのエンドロールが完成します。

エンドロールは新郎新婦だけではなく、当日結婚式に列席したゲストと共に創り上げられる一つの作品です。

そもそも撮って出しエンドロールとは?

定番中の定番といってもいい程、結婚式に定着しつつありますね。むしろ、それを楽しみにしていると言っても過言ではありません。披露宴での実施率もかなり高いです。

結婚式・披露宴当日の現場で撮影した映像をを使い、編集をして披露宴お開きの際に上映するライブエンドロール(撮って出しエンドロール)

エンドロールとは、新郎新婦が退場した後に流すムービーで、映画のエンディングに列席者のお名前を並べ、感謝の気持ちを伝える手段として大変人気の映像演出です。
近年脚光を浴びている「撮って出しエンドロール」は、結婚式当日にカメラマンが撮影した動画や写真を、披露宴の最中に編集して、エンドロールムービーとして放映するサービスで「ライブエンドロール」とも呼びます。

驚きのリアル感

つい!さっき!花嫁手紙読んでましたよね!?というようにさっき見てた景色が最後に流れてくるというサプライズ感もあり。

「この映像って挙式のときの!?」「さっき撮ったばかりなのに!」
ゲストのみなさまに驚きと感動を与えるエンドロールムービー、それが「撮って出し!エンディングムービー」です。

最大の魅力は・・・?

さっきまであの場面を見ていた!など、ゲストは自分たちが出演した映画を見ているような感動があります。

つい先ほどまで生で見ていた挙式のシーンや余興のシーンが映像となって流れるので、「えっ?もう映像に!?はやっ!」というライブ感を味わうことが出来るのも魅力♡別名『ライブエンドロール』とも呼ばれているほど、臨場感ある感動的な雰囲気に

臨場感が味わえる

そうすると、いつまでもゲストの記憶に残る結婚式になるというわけです。

「撮って出しエンドロール」の最大の魅力は何と言っても当日に上映が可能なこと。新郎新婦のお二人はもちろん、当日のゲストの方も映るので、皆さんに臨場感を持って楽しんでいただけます。

その日に撮った映像がそのまま流れることで、新郎新婦はもちろん、ゲスト自身が美しくドレスアップした姿を見ることができるので、ゲストも一緒に楽しむことができるのが魅力

近年、このエンドロールを使う結婚式が当たり前のようになってきているようで・・・

確かに、よく見ます。むしろ、使わない方はいないのでは・・・というほど浸透していますね。それだけ喜ばれているというのも事実なんです。

最近では、エンドロールを流すのが当たり前になり、特に今では、当日の映像を編集して使った「撮って出しエンドロール」はサプライズ性が高く、かなり人気の映像商品

7割以上のカップルが・・・・!?

撮って出しのみではないものの、エンドロールを映像演出のひとつとして使うカップルがとても多いことがわかります。

どの場面で映像を上映するか、というアンケートを見てみると、72%の新郎新婦がエンドロールを上映しています。

これは全てが「撮ってだしエンドロールビデオ」ではないと思われますが、2012年から比べると実施率が大幅にアップしてきております。

つまりは、映像で伝えたいメッセージを表現するカップルが多いということ

1 2 3 4





mamicco_kさん

ウェディング関連を中心にまとめています。
自分の経験が一人でも多くの幸せにつながりますように、そして時にカラーコーディネーターからの視点で。