1. まとめトップ

はんこの種類

実印

実印とは住民登録をしている市区町村の役所や役場に印鑑登録の申請をして、受理されたハンコのことをいいます

実印はハンコの中で、もっとも重要な印鑑であり、法律上・社会上の権利・義務の発生を伴います。公正証書の作成、金銭その他貸借証書、契約書、不動産取引き、遺産相続、法人の発起人となるとき、自動車登録等に使用します

銀行印

銀行印とは金融機関での預貯金口座開設、金銭の出納に使用する重要なハンコで、定期預金・普通預金・振替預金・郵便預金等の金銭関係に使用します

認印

認印とは印鑑登録をしていないハンコをいい、印鑑証明のいらない書類作成、一般事務(伝票関係・出勤簿・簡単な金銭受取)等に使います

訂正印

訂正印とは簿記印ともいい、帳簿や伝票などに記入した文字の誤りを訂正する場合に使用します。訂正箇所に元の文字が読めるように二本線を引き、訂正者の名前が入った印鑑を押印します。縦書きならそのすぐ右横に、横書きならそのすぐ上に正しい文字を明確に記載し、誰がどのように訂正したのかを明確にします

シャチハタ

朱肉や、スタンプ台がなくても押印ができるハンコ(インキ浸透印)の代名詞。
シヤチハタ工業株式会社が「Xスタンパー」というインキ浸透印を開発、販売し大手メーカへと成長したため、これらを総称して「シャチハタ」といわれるようになりました

どの印鑑が必要?

実印は必要か?使う場面は?

不動産を購入して所有権を自分の住所に移転登記をして所有者になる場合に必要です。
分譲マンションや分譲住宅を購入した場合は、販売会社から登記移転の手続きが必要になるので、一般の人が最も遭遇する可能が多い使い方と言えるでしょう。

中古車を業者を通さずに個人間で売買したので自分たちで車の所有者の移転登録申請を行う場合

不動産などを担保に抵当権を設定して融資を受ける場合

会社を設立するために公証人役場で定款の認証を受ける場合

遺言を作るが2名の証人を選んで立ち会わせ、遺言内容を公証人に口述する公正証書を作成する時や2人以上の遺産相続人が遺産分割を行って遺産分割協議書を作成する場合

必要なければ持っていないほうがよさそう

必要に迫られるまで、作ったり、登録する必要なしです。
実印が押されている以上、あなたが同意していない契約でも有効になりえます。そういうリスクを作らないためにも、不要になったら登録を消すくらいの管理をしたほうがよいです。

女性は名前で印鑑を作っておくと結婚後も楽

名字や、フルネームで印鑑は作る、、と思われがちですが、
女性の場合、「名前のみ」で印鑑を作ることがあります。

女性の場合、結婚して姓が変わることが多いため、
予め「名前のみ」の銀行印を作るのがおすすめです。

1





happy777luckyさん

結婚関連等、幸せな情報をまとめています。