1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

笑点メンバーの若手と思っていた2人が思ったより高齢でびっくり!

5月の放送で開始50年目に突入する長寿番組「笑点」。その出演者の中でも若手と思われていたお二人、春風亭昇太師匠と林家たい平師匠の年齢が想定外でびっくりです。

更新日: 2015年03月20日

90 お気に入り 592521 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

momokan1981さん

もうすぐ50年目を迎える笑点

1966年5月に放送を開始し、5月に放送50年目に突入する人気長寿番組「笑点」のメンバーがこのほど会見し、林家木久扇さん司会を務める桂歌丸さんの入院を引き合いに出し「楽屋か病院か『笑点』の収録場所にいらっしゃるから、ドキュメントとして見られて視聴率につながってるんじゃないかと思います」と持論を展開した

『笑点』は、今年の3月1日に視聴率24.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録。高視聴率の秘訣を聞かれると、三遊亭好楽は「誰か1人は倒れているから(笑)」と冗談を飛ばした

相変わらず黒いですw

また「高齢者がバカなことを言っている番組ってほかにないもんね」と、いつもの“毒舌”で笑いを誘い、「どなたかエッセイストの方がね、世界遺産ならぬテレビ遺産と言ってくださった。僕らは非常にうれしかったな」としみじみ

そんな笑点メンバーが全員で人間ドックに

歌丸さんは「あたくしの1番の望みはとにかくこのメンバーで丸50周年目の記念番組を撮りたいわけです。だからもう皆さんに健康に気を付けてくれということですよね」と説明

司会の桂歌丸(78)の発案で、自身もここ数年肺疾患やインフルエンザなどで苦しんだことから「番組を長持ちさせようと思ったら、全員が健康でなければ」とスタッフに人間ドック企画を持ち込んだ

人間ドックの様子が放送される『あのニュースで得する人損する人』2時間SPでは、『笑点』第1回から出演している歌丸のヒストリーを、メンバー、愛弟子、番組スタッフの証言を交えてVTRで紹介

破門され、化粧品のセールスマンをやって、落語家として復帰してからも天才たちのはざまでもがき続けた努力の日々をまとめた放送になるようです

ちなみに、開始から50年、今のメンバーは?

右上から
林家たい平
6代目三遊亭圓楽
三遊亭小遊三
春風亭昇太
山田隆夫
林家木久扇
桂歌丸
三遊亭好楽
         (敬称略)

この中で比較的若手の二人

春風亭昇太師匠

独身ネタでよくいじられます

1959年12月9日生まれ(55歳)。静岡県静岡市清水区出身の落語家。5代目春風亭柳昇の弟子。大師匠は“春風亭の先生”こと6代目春風亭柳橋。前座名は、春風亭 昇八。愛称は「ちび師匠」。落語芸術協会に所属。現在同協会理事。

えっ55歳!?

春風亭昇太さんって50代なんだ。もっと若いと思ってた。

春風亭昇太さん。なんでこんなにずーっと若いんだろう…独身のなせる技か?

笑点メンバーが若い頃の写真 昇太・たい平・5代目円楽編 pic.twitter.com/jLwitAcdjG

あんまり変わらない?

林家たい平師匠

ふなっしーの真似は笑点のお約束に

1964年12月6日生まれ(50歳)。林家こん平の弟子。落語協会所属、所属事務所は株式会社オフィスビーワン。言霊群団「夢吽空」団員

えっ!!50歳!?

そして今流れた映像の中で、10年前とたい平さんのビジュアルが何も変わっていない事もなかなかの衝撃だった。今50歳なんか。若いわ。

林家たい平さんが50歳と知り驚愕。てっきりもっとお若いかと……

大喜利の出演者の年齢を見るとすごい。若いと言われている林家たい平師匠が50、春風亭昇太師匠が55か。

笑点メンバーの林家 たい平 50歳 春風亭昇太 55歳 若いほうなのか。

まわりが高齢だから若く見えるのでしょうか?

桂歌丸 78歳
林家木久扇 77歳
三遊亭好楽 68歳
三遊亭小遊三 68歳
三遊亭円楽 65歳
山田隆夫 58歳

もうみなさん相当な高齢なのに、そんな風に一切見えません。

1 2