借地権の売却や建て替え等は地主さんの承諾を貰わないと出来ません。
しかし、地主さんが承諾を認めないとなった場合に借地権者さんが一方的に不利になってしまいます。
そこで借地権者さんの権利を守るため借地非訟裁判というものがあります。
これは、地主さんが承諾を認めなかった場合に借地権者さんの権利を守るための裁判となります。
借地非訟の申し立てには4種類あります。
①借地条件変更申立
建物の構造や用途を変更する際に地主さんの承諾が得られない場合。
②増改築許可申立
建物の増改築をするにあたり地主さんが承諾しない場合
③賃借権譲渡・土地転貸許可申立
借地権を第三者に譲渡する場合に地主さんお承諾が得られない場合
④競(公)売に伴う土地賃借権譲渡許可申立
競売で借地権を購入した場合のトラブルに関して非訟裁判をおこす場合

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

このまとめを見る