1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

daiba49さん

貴重な子供時代の作文発見!切ないその内容とは?

また、「遺品の中から作文が出てきた。蟹江敬三少年の小学校3、4年頃の。敬三少年が心情を吐露している2枚くらいの作文」と、一平は父が書いた貴重な作文を見つけたことを告白した。

一平によると、「敬三少年が成長して俳優の世界に入って、亡くなった時は『名優』と呼ばれるようになりましたが、この少年がよくそこまで辿り着けたなと思えるような内容」なのだそう。

「自分の事を客観的に語っている」と一平が評した「僕の性格」というタイトルの作文には、自分は対人恐怖症であること。内気で病的なくらい人見知りで、誰とも仲良くなれず友達がいないこと。中学生になることへの不安などが切実に書かれていたという。

MC後藤輝基は、「内に秘めたるものが役者になって花開いた」と語ったが、一平にとってその内容は「キツかった」そうだ。

1