1. まとめトップ

【2016年版】地方創生の目玉「地域おこし協力隊」facebookページ人気ランキング

地方創生の目玉事業として上げられ、益々注目を浴びている「地域おこし協力隊」。そんな彼らが情報発信ツールとして運営しているfacebookページをランキング形式でまとめてみました。今最も熱い協力隊がここに集結!

更新日: 2016年01月20日

4 お気に入り 9303 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

地方創生の目玉として注目されている「地域おこし協力隊」

国が費用を出し、都市の若者らが地方に移り住んで活性化を後押しする「地域おこし協力隊員」が急増している。制度が始まって6年目の2014年度は、前年度の1.5倍の約1500人となり、受け入れ自治体も約3割増えて400を超えたもようだ。「地方創生」の担い手として期待が高まっている。

全国で活動する協力隊を集めた「地域おこし協力隊全国サミット」も開催された

協力隊への新たな参加を呼び掛けるとともに、各地の隊員やOBが意見交換を行うため、初めての全国サミットが東京・六本木で開かれた。

注目される一方で、各地域間での若者争奪が激化し、SNSなどを活用した情報発信の重要性が問われている

地域おこし協力隊facebookページ人気ランキング(2016年1月20日現在)

1位:うらほろ地域おこし協力隊(2548いいね) →(前回:1位)

北海道十勝支庁管内の最東端にあります。地形はゆるやかな丘陵地と河岸段丘からなり、東は丘陵山脈、南は太平洋に面した南北に長い町で、山林が7割を占める行政面積は全国市町村で91番目の729.64平方キロメートルです。

人口:5,241人(平成27年2月28日現在)

2位:北海道浦河町 地域おこし協力隊(1997いいね) ↑(前回:3位)

浦河町は、北海道日高支庁管内の南部に位置し、札幌市から約180キロメートル、帯広市から約150キロメートル、えりも岬から50キロメートル地点にあり、東は様似町、西は新ひだか町、北は日高山脈、南は太平洋に接しています。

人口:13,269人(平成27年2月末現在)

3位:美作市地域おこし協力隊(1981いいね) ↓(前回:2位)

美作市は、旧勝田、大原、美作、作東、英田町、東粟倉村の6町村が合併して平成17年3月31日に誕生しました。岡山県の北東部に位置し、東を兵庫県、西を勝田郡及び久米郡、南を和気郡、北を鳥取県と接しています。

人口:30,498人(平成22年現在)

4位:小豆島町 地域おこし協力隊!(1931いいね) →(前回:4位)

小豆島町は、瀬戸内海国立公園に浮かぶ小豆島の中央から東に位置する、海と山の美しい自然に恵まれた町です。平成18年3月21日に内海町と池田町が合併して誕生しました。

人口:15,084人(平成27年2月1日現在)

5位:長崎市地域おこし協力隊(1841いいね) →(前回:5位)

九州の北西部に位置する都市で、長崎県の県庁所在地である。国から中核市に指定されている。
古くから、外国への玄関口として発展してきた港湾都市である。

6位:安芸太田町地域おこし協力隊(1710いいね) ↑(前回:7位)

1 2