1. まとめトップ

クマのプーさんの本名はサンダースではなく、プーさんが正解

ディズニーのキャラクターの中でも人気のクマのプーさん。そのクマのプーさんの本名はサンダースだと勘違いしている人がいる。でも本当はクマのプーさんで正解。なぜクマのプーさんをサンダースだと勘違いしたのか、クマのプーさんで正解の理由は何なのかをまとめました。

更新日: 2015年09月26日

11 お気に入り 551949 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

のんびりやのテディベア。好物はハチミツ。頭はあまり良くなく、字の読み書きもあまりできないが詩をつくるのが好きで。
いつも気にかけてよく面倒をみてくれるクリストファー・ロビンの事が好き。

1. クマのプーさんの本名はサンダースだと勘違いしている人がいる。

1-1. クマのプーさんの家の表札に『Mr.SANDERS(サンダース)』と書いてある。

クマのプーさんの本名をサンダースと勘違いしている原因が、プーさんの家の金色の表札。この表札には『Mr.SANDERS(サンダース)』と書いてある。
つまり、住んでいる家の表札に『Mr.SANDERS(サンダース)』と書いてあるからクマのプーさんの本名をサンダースだと勘違いしている。

1-2. 日本の絵本でもはっきりと『プーさんのほんとうの名前はサンダース』と書いてある。

クマのプーさんの絵本にはしっかりと『ほんとうの 名まえは サンダース といいますが 森の なかまは みんな プーさんと よんで います』と書いてる。
ここまでしっかりと『プーさんのほんとうの名前はサンダース』と書いてあれば信じてしまってもしょうがない。

1-3. クマのプーさんの原文を直訳しても...

"Winnie-the-Pooh lived in a forest all by himself under the name of Sanders."

直訳すると....

クマのプーさんはサンダースという名前を使って暮らしている

2. クマのプーさんを理解すれば名前の答えは出てくる。

2-1. 前後の文を読めば、サンダースのくだりは、クマのプーさんの原作者A・A・ミルンの言葉遊びだと分かる。

アラン・アレクサンダー・ミルン(1882年1月18日 - 1956年1月31日)
イギリスの児童文学作家、詩人。

『クマのプーさん』は1人息子のクリストファー・ロビン・ミルンのために書かれた児童小説。

代表作は①クマのプーさん(1926) ②プー横町にたった家(1928) ③クマのプーさんとぼく(1927)

Winnie-the-Pooh lived in a forest all by himself under the name of Sanders.

"What does 'under the name' mean?"

asked Christopher Robin.

"It means he had the name over the door in gold letters, and lived under it..."

通常ならそれは「サンダースという名前を使って(偽名で)生活している」って意味になるんだけど、ここではそれは言葉遊びで「"サンダース"って書いてある標識の下で生活している」

2-2. 『Winnie-the-Pooh』の名前の由来にはサンダースの文字すらない。

『クマのプーさん』のモデルとなるこのファーネル社製のテディ・ベアは、1921年、クリストファー・ロビン・ミルンが1歳のときに誕生日プレゼントとしてハロッズで購入されたもの。

『Winnie-the-Pooh』の『Winnie』は当時ロンドン動物園で公開され人気を集めていた雌のクロクマ『ウィニー』にちなんでいる。『Pooh』はミルン親子がたびたび訪れていたサセックス州ポーリングにいた白鳥につけられていた名前。

つまり、『Winnie-the-Pooh』というしっかりした背景のある名前があるのに、それがたった1文で名前が『Mr.SANDERS(サンダース)』になるわけがない。

3. クマのプーさんの本名をサンダースだと勘違いした最大の理由は翻訳ミス。

実はこれは最初に日本語訳した人の誤訳で、サンダースというのは「プーさんの前に住んでいた住人の表札」なのだそう。

4. クマのプーさんの本名をサンダースだと勘違いしたのは日本だけではなかった。

原文のまま読める英語圏でも、クマのプーさんの原作者アラン・アレクサンダー・ミルンの言葉遊びをわからず、クマのプーさんをサンダースだと勘違いしていた。

1