1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

galuluさん

保温鍋は5分ほど火にかけて、沸騰したら
専用容器に入れて放置するだけで簡単に調理ができる。
夏場はコンロの火のせいで室内が暑くならない。
5分ほどでいいのでガス代も節約になる。
煮物に向いている。(味噌汁は不向き)
食べる時まで熱々で保温されている。
小さくて取っ手のあるものならそのまま花見などにも持ち運べる。

保温鍋とはこのようなもの。有名なのはサーモスのシャトルシェフ

保温鍋を買ったので、豆とホルモンのカレーを作ってる。明日の朝が楽しみだ。 pic.twitter.com/WvlGrZ9PeO

5分ほど火にかけたら、あとは保温調理してくれる。食べるときまで熱々

レシピなど見なくても、何でもやってみたらどれも美味しい

明日は寒そうなので先日上手くいった下煮した大根をダシと塩に日本酒のツユに湯がいた鶏肉をのせて保温鍋でじっくりで。 pic.twitter.com/ueZmKouSB0

保温鍋・シャトルシェフで豚の角煮を作ってみました*\(^o^)/*作り始めたはいーが、保温時間2時間以上って書いてる!!!晩御飯に間に合わないので1時間にしたけど中々美味しい☆あと1時間保温したら、お口で解けるほど柔らかくなったかな? pic.twitter.com/A2SO3wFcf4

大事なのは煮る前に焼く、下ゆでした後しっかり保温鍋やスロークッカーで茹で汁ごと一時間半は寝かせる。味付けで煮るときは茹で汁と出し汁2:1のスープをベースに味付けをする。30分煮たら火は止め一晩。最強の煮豚と煮卵。 pic.twitter.com/KRFLVArXWo

保温鍋で簡単レシピ

応用編 少し高度な保温調理メニュー

保温鍋自体を作ってしまう手もアリ。

1