1. まとめトップ

この春KNTVで放送スタート!イ・ミンホが脚本家キム・ウンスク(『シークレット・ガーデン』)と初タッグ!逃れられない宿命を背負った高校生たちの青春ロマンス

視聴率No.1を記録した2013年最大の話題作
イ・ミンホ&パク・シネなど豪華キャストが競演

海辺でのんびりとサーフィンを楽しむ若者、彼の名はキム・タン(イ・ミンホ)。帝国グループの御曹司で眉目秀麗、何不自由ない環境かに見えるが、愛人の子と疎まれ、逃げるようにアメリカへ留学、空虚な日々を送っていた。

一方、口のきけない母を持ち、幼い頃から苦労し通しだったウンサン(パク・シネ)はアメリカに渡った姉を頼り、二度と韓国には帰らないつもりでアメリカへやってきた。だが姉の現実を知って失望し居場所をなくしてしまう。途方にくれるウンサンと出会ったタンは、自分の家に招くことに。つかの間、心を通じ合わせる2人。

だがタンにラヘルという婚約者がいることを知り、ウンサンは「短い夢を見た」と韓国へ帰っていく。

またラヘルも母親の再婚相手の息子が同じ学校に通う乱暴者のヨンドと知り、不快感を隠せない。

裕福な家庭に育ちながらもそれぞれに悩みや傷を抱えた若者たち。そんな中、兄に疎まれ、2人の母に挟まれ、それに甘んじる父との葛藤に立ち向かうべく、3年振りの帰国を決意をするタン。

彼が戻る名門私立高校はその名も「帝国高校」。学校内には大きく4つの階級が存在する。いずれは会社を相続する真の財閥2世、3世集団の「経営相続者集団」、経営権争いでは外されたが生まれたその瞬間から多くの株を所有している「株相続者集団」、お金より名誉を大事にする法曹界、医学界、学者、政治家の2世、3世集団の「名誉相続者集団」

そして世間の評価を気にして仕方なく入学させた経済的な面以外の様々な理由でもこの学校には相応しくない「社会配慮者集団」。この厳しい格差の中で生き延びなければならないウンサン。そして再び、タンとウンサンは運命の再会を果たし、それぞれの人生が動き始める…!!

おすすめ度:★★★☆☆

裕福な家庭で生まれたからこその重圧や責任
いわゆる『相続者』ならではの悩みを抱えた子たちの
青春学園ラブドラマです。
そんな『相続者』たちの学校に貧乏なウンサンが通うことで
ラブやらいじめやら巻き起こります。

ストーリは正直、『花より男子』感が否めないです。
なので普通に面白いですが新鮮味はいまひとつです。

良かったのは出演陣です。
個人的3TOPは、ヨンド、ウォン、ボナです。

まずヨンドは演じるのは私の大好きな俳優キム・ウビンさんです。
タンとは犬猿の仲で、いじめの中心人物。
嫌な奴なんですがタンとは過去に何かあった様子。
またウンサンにやたらとちょっかいをかけるのですが
回を追うごとに魅力的すぎるキャラクターに…♡

続いてタンの兄、ウォン。
これまた大好きな俳優チェ・ジンニョクさん♡
ウォンもね初めはただの嫌な兄。
腹違いの弟タンへの仕打ちといったら…。
だけどこれまた良い味出してます。
最終回見終わったら、もう完全にウォン派になることでしょう。

最後にボナちゃん♡
演じるのはf(x)のクリスタル。
この子、全然知らなかったんですが、めっちゃ可愛い♡
CNBLUEのミニョクとのバカップル具合は安心して観れました。
このカップル(特にボナちゃん)が可愛すぎて、
クリスタル好きになりました(^0_0^)

ストーリーは定番なので韓ドラ見まくってる方は
少々味気ないかもしれませんが、
キャラクターとそれを演じる俳優・女優さんたちが素敵なので
お気に入りの出演者がいれば見てみてもいいんじゃないかと。

あ、ウンサン母とタン母もおすすめです笑

▼登場人物

18歳、帝国グループ相続者
ただの財閥ではなく韓国産業成長に最も 貢献した帝国グループの会長息子。
2人の母、異母兄弟、婚外子…。幼いタンが浴びせら
れた冷たい視線を理解するには複雑過ぎた家庭の事情がそれだ。タンにとって家は自分の居場所ではなくただ、だだっ広いだけの空間だった。
異母兄弟のウォンは、父のキム会長が病で伏せると実質的な経営者となり、異母弟のタンをアメリカへ追いやるように留学させた。

18歳、貧乏相続者
ウンサンは口の聞け ない母のせいで人より早く大人になった。子どもの頃から母の代わりに光熱費や税金、ローンなど、全てを管理してきたため18歳に しては大人に負けないくらいお金に詳しいが、人前で母と手話で会話するのが恥ずかしく、目の前の母に携帯でメールを送るような、 少女らしいところもある。
母が障害者なのも、人の家で家政婦として働いているのも、そんな母を無視する人たちも全部嫌いだが、ウ ンサンが最も嫌なのは、この嫌な現実から脱出できる出口がないことだ。そのせいで一見明るく、強そうに見えるウンサンも心の奥 にはどうすることもできないひどい痣ができている。

ヨンドの頭から出てくる奇抜なアイディアは、主に友人たちに奇抜な手段で意地悪をするために使われた。徹底的な計算と予測で自分の計画どおりに誰かを罠に落とした時、ヨンドの無表情な顔にはうっすらと笑みが浮かぶのだ。
そんなヨンドとは誰も敵になろうとしなかった。ただ1人、タンを除いては。2人の競争は思春期の年頃の子どもたちのそれと似て幼稚で熾烈だったが、「類は友を呼ぶ」とは言ったもので、いつしか2人は親友になった。
タ ンが留学でいなくなると、ヨンドはさらに悪質に皆の上に君臨した。
そんなある日、タンが戻って来た。ヨンドは裏切り者との第2ラウンドを始めようとするが、タンはそんなヨンドを無視してばかりだ。

18歳、RSインターナショナル相続者
ラヘル帝国高校のパリス・ヒルトンだ。韓国ファッション業界の流れを変えたRSインターナショナルの相続者らしく、毎日頭の天辺から爪 先までブランドの新商品で飾る彼女は、いる場所がそのままファッションショーになった。ラヘルの高潔で貴族らしい雰囲気は近寄りがたい何かがあったが、彼女はそんな人との距離感を楽しんだ。
だが、大好きだった父が事業に失敗した途端、離婚を要求し、事業拡張のためヨンドの父と再婚する母を見てどこまで母を理解するべきかと悩みながらも、家庭というのはお金のためならそれがどんな方法でも壊して解体し、まとまる事が 可能だと悟った。

自分が生まれてすぐ母を亡くし顔も覚えていないが、チャニョンは友だちのような父がいて幸せだった。塾にも通っていないし、高額の家庭教師に勉強を教えてもらっているわけでもないが、いつもトップを維持できるくらい頭も良い。財閥家の御曹司ではないが生 まれ持ったポジティブさと、今自分が持っているものに満足し無理に欲張らない心、目標を立ててはそれのために努力する、性格の良い男だ。
ウンサンとは同じ小・中学校の出身で理想的な友だち。

18歳、メガエンタテインメント相続者
ボナの家は代々受け継がれている財閥家ではないが 韓国で一番の力を持っているエンタテインメント業界の中心。
全てにおいて一番目立つのはいつも自分でなければ気がすまないボナだが、彼氏チャニョンの一言で幸せ になってしまう、ちょっと単純な面もある。可愛くて愉快なお嬢様。
そんなボナの初恋タンは付き合って100日目になった日、突然アメリカに留学してしまった。初めて人に愛されない気持ちを味わい、その傷が癒える頃出逢った今の彼氏のチャニョン。そんな2人が何故か一緒になってチャ・ウンサンと関わっているのが気に食わない。

19歳、イ・チャンギョク検察総長相続者
現検察総長の息子で何に対しても偏らず徹底的に中立を守 るヒョシンは帝国高校の生徒会長だ。
その年頃では持ち得ないカリスマを持ち、頼りたくなるヒョシンの魅力に男子生徒はヒョンシンを慕い、女子生徒はヒョシンを好きになった。
財閥ではないが祖父が現役時代長官で、大統領秘書室室長の伯父、現検察総長の父、と韓国の全ての名誉職に関わっている家柄。

18歳、法務法人スンリ相続者
財閥家の相続者たちが皆して年齢より大人びた雰囲気を持っているのに対し、ミョンスはその辺にいる普通の18歳と同じ、明るくて 元気のいいイタズラ好きの“ただの少年”だ。韓国最高のローファーム、スンリの代表弁護士の息子としては相応しくない性格だが、 人より判断力がちょっと鈍いだけで悪気は全くない良い子だ。
勉強には興味がなく、まだ未成年だが毎晩クラブを転々として不法と合法の境界ギリギリな毎日を送っている。 両親の事は大好きだが、両親は自分より仕事を大事にしていると思い、それに対する寂しさを感じている。

31歳、帝国グループ社長/タンの兄
どうやって勝つか、よりどうやって生き残るかを先に考えなければいけない人生だった。目を覚ますと何かが無くなるばかりの毎日 だったから。その中の1つがウォンの母だった。ウォンがまだ死の意味もよく分からない6歳の頃、母は死んだ。それからしばらくして 新しい女が母として戸籍に名を入れた。さらに中学生になったある日、また別の女が赤子を連れて来ては自分の弟にあたると言った。
だがウォンはそ の全てを前にしてなお、ひねくれるより全てにおいて熾烈に生きる事を選んだ。本能的にそうしなければならないと分かったのだ。

1 2 3 4





oh.koharuさん

週平均35時間くらい韓国ドラマ視聴についやす暇人です。
コメディ・サスペンス・ラブコメ・なんでも好きな雑食です。
出演者で観るドラマを決めます。
映画はあんまり見ません。

このまとめに参加する