1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

yumimuさん

1955年3月2日生まれ。
教団体オウム真理教(現Aleph)の元代表、教祖
地下鉄サリン事件など多くの事件を起こし、現在は死刑囚。

松本死刑囚の子供

麻原には12人の子供がいる[102]。うち妻の松本知子の子は6人である。

四女は著書にて15人いたと綴っている

松本知子の6人の子供たち

長女

1978年生まれ。
ホーリネームはドゥルガー
スーパーで万引き逮捕歴あり。
教団での地位は正悟師。ならびに流通監視省大臣であった。

次女

1981年生まれ
ホーリネームはカーリー  
2000年に三女と長男の連れ去る事件がありました。その後逮捕され保護観察処分となる。

三女

1983年生まれホーリネームはアーチャリー。
教団での地位は麻原に次ぐ正大師だった。
2015年本名松本麗華としてマスコミに登場

2000年に次女と共に長男を連れ去る事件を引き起こし逮捕され保護観察処分に。

2004年には合格した和光大学から入学拒否され提訴。
東京地裁は「入学拒否は違法」と認定し大学に30万円の慰謝料支払を命じた。
後に文教大学に通う
2013年7月よりブログを立ち上げ父への思いを綴っている。
2015年3月20日、地下鉄サリン事件から20年目の日にで手記『止まった時計 麻原彰晃の三女・アーチャリーの手記』を出版。
現在は次女と長男と暮らす。

四女

1989年生まれ。
学校からは転入拒否をされ通う事ができなかった。
やっと通い始めてもいじめにあい、校長からも「父親の所行を考慮すれば貴方は死んでも仕方のない人間だ」と発言される。
2003年 教団から飛び出す。江川紹子が後見人となったが後に辞任。
事件当初、幼すぎて何もわからず、後にインターネットで事件を知る事となる。
2010年には松本聡香と言う名義で著書「私はなぜ麻原彰晃の娘に生まれてしまったのか」を出版。
漫画喫茶に寝泊まりする等、他の兄弟とは一線を引いているようだ。

被害者にとって事件が終わらないことを挙げて「父の死刑は絶対に執行されるべきだ」。現在は教団との関係を絶ち、家族と離れ生活している。

長男

1992年生まれ。
1992年教団から皇子の称号を与えられる。
四女と同じく学校に通えなかった。
後に学校から受け入れられ通学できることに。友人も出来た模様。
現在は次女と三女と暮す

2014年10月24日、Alephに対し、名誉棄損による損害賠償4000万円の請求、ならびに写真と名前の無断使用の禁止を求める提訴を東京地裁に起こす。訴状ではAlephと密接な関係にあり、教祖になるかのように扱われ大きな精神的苦痛を受けたとした

次男

1994年生まれ。
事件当時1歳。
1994年に皇子の称号を与えられる。
春日部共栄中学校に合格したが「麻原の息子」と理由で入学を拒否された。
現在は母親と一緒に暮らす。

次男らは、憲法で禁止された不当な差別によって精神的苦痛を受けたとして、共栄中学校に損害賠償を求める訴えを起こした[113]。

バラバラになった家族

2012年には母親と絶縁
理由は弟の養育問題だという

「たくさんの方が亡くなった、死刑は執行されるべき」という四女
「私だけは父を愛さないと」という三女

四女は三女の書いた本について
「デタラメ」
と言い切った。

石井久子の子供たち

92年2月に流産
93年12月に双子を出産
95年3月に1人出産
あわせて3人麻原の子供を生む。

犯人隠避などで起訴され実刑判決を受けた。
2000年出所。
その際記者会見し「3人の子供と一緒に静かに暮らしたい」と話したが、一時精神を病んでしまう。
父親と二人で生活していたようで、子供たちと暮していたかは不明。

木田裕貴子の子供

1 2