1. まとめトップ

こんなにいる!ダンゴウオの仲間!

ちまたで人気のダンゴウオ、そんな人気なダンゴウオにはいろんな種類がいる。ここでは少しダンゴウオの仲間を紹介しよう!しかし、全て紹介してもしかたないのでここでは筆者が実際に水族館で見たことのある種類を紹介します。

更新日: 2015年03月20日

1 お気に入り 5267 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

Liena_Bardさん

どこで見れるの???

ダンゴウオの仲間は短命が多く(一年とか)、細かくチェックしないと見つからない・・・
確実なのはアクアマリンふくしまのナメダンゴや、葛西臨海水族園のランプサッカーなどだろうか。鳥羽水族館には、必ず何かの種類がいる。
元々は冷たい海に住む魚なので、東日本の方が多い。
一番人気のダンゴウオをいろんな所で展示してはすぐ終了なので、近所の水族館にアンテナを立てまくってほしい。

ダンゴウオ
だいたい2センチくらい?の小さい魚。
子供は米粒程度の大きさ。
赤、緑、茶色などいろんな色がいる。

水族館では、いろんな所で展示しては終了を繰り返す神出鬼没な奴。

ナメダンゴ
アクアマリンふくしまの看板キャラクター。
冷たい海に住んでいるので、東北以北に多い。
ダンゴウオよいもでかい(4cmくらい?)
黄色、茶色などやっぱりいろんな色がいる。
ダンゴウオの次によく見れる。

ヒゲダンゴ
あまり見かけない種類、筆者は鳥羽水族館でみたことがある。
ナメダンゴとダンゴウオの間見たいな感じ。

フウセンウオ
ダンゴウオの次に人気!?
竹島水族館ではあまりの人気に、再展示したほど。
ちょくちょく見かけるが、やはり通年はほとんどなさそうだ。

コンペイトウ
他にくらべると、いぼいぼしているのが特徴。
これもあまり見かけないが、鳥羽水族館で見たことがある。

なお、画像検索は「コンペイトウ 魚」などでしらべないと大変なことになる。

ランプサッカー
キャビアの代用魚としても有名。
葛西臨海水族園や、アクアマリンふくしまで通年展示している。特に葛西はおすすめ。
こいつだけでかい、10センチくらいある。
ちなみに、やっぱり赤など色が付いたりもする。

ホテイウオ
おたる水族館でみたことがある。
珍しく食用になるダンゴウオの仲間。
筆者がみたのは10センチほどだったが、もっと大きくなるみたい。

1