出典 allabout.co.jp

二日酔いは、酒などのアルコール飲料(エタノール)を、自身の代謝能力以上に摂取することにより引き起こされる、不快な身体的状態。エタノールがアセトアルデヒドに代謝され、体内にまだ残ったそれが二日酔いの症状を引き起こす。(Wikipedia抜粋)

この情報が含まれているまとめはこちら

飲酒後の「ラーメン食いたい!」は ”血糖値”の低下が原因だった … 二日酔い”防止マニュアル”

アルコールを肝臓で分解する時に必要とされるのが「糖分」、だから飲んだ後に食べたくなるのがラーメンなどの「炭水化物」なのです。血中アルコール濃度が高いと、肝臓がアルコールの処理に追われ血糖値が下がりその結果、糖分が不足し体内に残ったアセドアルデヒドが「悪酔いや二日酔い」の原因となります。

このまとめを見る