期待と成果の相関関係について、「人は期待されたとおりの成果を出す傾向がある」という結論が導かれたというもの

出典ピグマリオン効果 |モチベーション向上の法則

ピグマリオン効果は、1964年に米国の教育心理学者ロバート・ローゼンタールによって提唱された、「人間は期待された通りの成果を出す傾向がある」という主張。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

”この人と仕事がしたい”と思わせる『レッテル効果』を活用した褒め方

「あの上司の部下は、なぜ、あんなにやる気があるのだろうか」と思ったことはありませんか。その秘訣の1つとして、褒め方にあるようです。特に『レッテル効果』を活用して、部下を褒めることは心理学的にも非常に効果が高いそうです。今回は「レッテル効果を活用した褒め方」についてまとめましたので紹介します。

このまとめを見る