1. まとめトップ

サクラ投稿・架空レビュー11万件!楽天が大阪のレビュー会社を提訴する

通販大手の楽天市場で架空のレビュー投稿を繰り返し業務を妨害したとされるレビュー会社が提訴されました。サクラ投稿により意図的に評価を操作する行為が、楽天が定める規約違反となり一部の出店者は契約解除となっています。レビュー会社は2億円の損害賠償を求められていることが報道されました。

更新日: 2015年03月21日

tbizさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
1 お気に入り 9012 view
お気に入り追加

■楽天がレビュー会社を提訴

・架空投稿11万件で業務を妨害と主張(楽天)

インターネット通販サイト「楽天市場」を運営する「楽天」(東京)が、出店者から虚偽の口コミ投稿を請け負ったとして、大阪市北区の業者に約1億9800万円の損害賠償を求める訴訟を大阪地裁に起こした。

「出店者に有利になるサクラ行為で公正なサービスを妨害された」と主張。業者側は20日の第1回口頭弁論で請求の棄却を求めた。

訴えられたのは大阪市北区のシステム開発会社「ディーシーエイト」。デ社側は20日開かれた第1回口頭弁論に欠席したが、答弁書で争う姿勢を示している。

・問題となった「みんなのレビュー」とは?

楽天は、楽天市場で買い物をした利用者が商品を5段階で評価し、コメントも投稿できる「みんなのレビュー」を提供。規約で、出店者による自作自演の投稿を禁じている。

いわゆるサクラ行為
店舗関係者による自店のレビューへの投稿、自店のオークションへの入札等、ユーザーに混乱や誤解、迷惑を与える行為。

楽天が定める出店業者への禁止事項の一つ

利用者の投稿数や評価内容は、順位決定の重要な要素になると信じられている。

みんなのレビューがあなたの役にたつ!レビュー検索サイトです。

・訴えられたディーシーエイト

大阪市北区のコンピューター関連の開発会社でネットマーケティングや、ホームページの制作等を業者としています。

<株式会社ディーシーエイトの業務内容>
業務内容として紹介されている主なものは以下のとおりです。
ホームページ制作、ウェブデザイン、サイト運営・更新・保守、コンテンツ(取材・編集・ライティング)、ロゴ、イラスト、映像・動画撮影/ストリーミング ネットワーク構築/サーバ構築/運用、ウェブプログラム、携帯/モバイル EC/オンラインショップ構築、オンラインショップ運用 Web戦略/企画、マーケティング、アクセス解析

資本金
3,000,000円

損害賠償請求の額からすると大きなダメージとなりそう。

■やらせ投稿の構図

・月150件の投稿で8万円

訴状などによると、昨年1月、商品を購入したように装った投稿が同じパソコンから繰り返されている疑いが浮上。

同一パソコンから短時間に多数の会員IDにログインされていることを確認した。調査した結果、デ社が大量のIDを使い分けて店に商品を架空発注し、取引実態があるように装って、好意的な口コミの投稿を繰り返していたことが判明した。

<楽天市場>架空投稿で損害 システム会社は150件当たり8万円の対価で客を装う投稿を請け負っていた headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150321-… … こんなことしてるから益々ネットSHOPは信用をなくし衰退するのです! 「みんなのレビュー」「いいね」の数を信用してはいけません!

・出店者との契約解除により損害が発生したと主張(楽天側)

業者側は3月20日の第1回口頭弁論で請求の棄却を求めた。

121の出店者が商品を高評価する投稿を業者に依頼し、150件ごとに8万円支払う契約をそれぞれ結んでいたことがわかった。業者からの投稿は判明分で11万4327件あるという。

楽天の調査結果

自作自演を禁じた利用規約に基づき一部の出店者との契約を解除せざるを得ず、売り上げが約1億4千万円減ったほか、出店者が払う広告収入にも約6千万円の損害が生じたと訴えている。

1 2





お役に立てるように頑張ります。