1. まとめトップ

【関ジャニ∞】渋谷すばる&丸山隆平エピソードまとめ

通称『まるすば』な2人の出会いから現在まで。随時更新。

更新日: 2016年02月14日

306 お気に入り 922684 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

exeaiwさん

「関ジャニ∞」のメンバー。
通称『まるすば』

渋谷が2歳年上。

渋谷→丸山:「マル」
丸山→渋谷:「渋やん」「すばるくん」「すばる」

デュエット

作詞:渋谷すばる/丸山隆平
作曲:マシコタツロウ


アルバム「関ジャニズム」収録。
初回限定盤BにはPV付。

2人で作詞をした、真面目なラブバラード。

コンサートツアー「関ジャニズム LIVE TOUR 2014>>2015」ではPVと同じ衣装で同曲を披露。
DVDに収録されている。

出会い

1996年9月22日、ジャニーズ事務所のオーディションで出会う。当時渋谷15歳、丸山12歳。
オーディションのすぐ後に雑誌の撮影があり、合格した渋谷・丸山も参加した。

その後事務所から連絡がなく、落ちたと思った丸山は翌年再度オーディションへ。
ジャニー喜多川社長に「YOU受かってるのに何でここにいるの?」と言われる。
(この時のオーディションに安田・錦戸・大倉も参加していた)

そのため、渋谷と同日入所であるが同期という意識はそれほどない。

渋谷「俺ら、オーディションが一緒やってんな。そのときしゃべったわけやないけど、ヘンなヤツがおるなっていう印象はあった」
丸山「一緒に雑誌の取材を受けたよね。渋やんは色が黒くて、髪がめっちゃ長かった」

出典「with」2013年7月号『C∞MBI i』

すばるくんとは最初のオーディションがいっしょやったけど、超ロン毛で色も黒くて野生人みたいな風貌で、近寄りがたくてしゃべってない(笑)

出典「ポポロ」2014年7月号『僕らとエイトの10年間。』

最初なんかは、とにかくわけわからんかったわ(笑)。本人から直接なにを聞いたってわけじゃないけど、ハタから見てて❝こいつ、どんだけ闇を抱えてんねん❞みたいな感じやった。でもマルって、オレに似てる部分があると思うねん。実は繊細やったりとか

出典「Dear Eighter」

マルのことをがっつり意識したのは、関ジャニ∞が結成される前、'02年の夏の舞台からやな。当時からふざけるは奇声は発するわ、次に何するか全然わからん、天然記念物のオオサンショウウオみたいな珍しさがあった(笑)

出典「with」2013年7月号『C∞MBI i』

芝居

出典prcm.jp

2006/12/28 関ジャニ∞青春ドラマシリーズ


渋谷主演。ピアニスト・スバル役。
丸山はスバルのマネージャー役。

渋やんって❝攻めてる芝居❞じゃなくて、ウソがない自然な芝居する人やなあって。『8UPPERS』のときに、亮ちゃんとの二人のシーンとか見てあらためてそう思ってん。だからもっと渋やんのいろんな芝居も見てみたいんやけどね。

出典「Dear Eighter」

渋やんはオレが舞台をやると、必ず観に来てくれる。渋やんが来てくれるっていうのは別の意味でうれしいねん。なんか、渋やんは❝音楽の人❞ってイメージがあるからさ❝えっ、芝居も楽しんでくれるんや!?❞って。

出典「Dear Eighter」

舞台をやってるマルが好きやねん。だから必ず見に行ってるし。いやぁ最近のアイツは見てて気持ちがいい。めちゃくちゃスカッとする。立て続けに仕事頑張ってて、やりたいことをやって楽しんでる人間って、ほんま輝いて見える。今のマルがそれ。

出典「Dear Eighter」

大倉「でもいつも、ひと言も感想言わずに帰っていくってマルが言ってた(笑)」
渋谷「だって気持ちいいから、言うことないねんもん」

ライブ前のハグ

特にライブの時のマルってすごくナイーブやんか。47都道府県ツアーのときも、本番前にマルがいろいろうまくいかへん自分自身にすごいテンパってた感じやったから、ハグしてやってずっと二人でしゃべってたのを覚えてる。

出典「Dear Eighter」

2007/07/26
渋やんにハグされました。「この一回を楽しみにしてきている、丸ちゃんを見に、楽しみに来ている子達が、待ってんねん。分かるなっ、暴れるぞっ!」はい、リミッター外れましたぁ!

出典「えっ! ホンマ!? ビックリ!! TOUR 2007」密着ドキュメント写真集

マルも俺に似て、調子いい悪いがハッキリある人で、悪い日は軽くイラッとしてる空気があったりするんですよ。そういう日は「マルに会うのを、何ヶ月も楽しみにして来てくれてる人がおんねんで」って声かけたりして。そして俺がそういう日には、マルが同じようなことを言って気づかせてくれたりとか。そうやってお互い、本番前にガッとテンション上げ合ったりしてましたね。

出典「えっ! ホンマ!? ビックリ!! TOUR 2007」密着ドキュメント写真集

すばるくんは、俺がメンタル的に落ちてるときとか、本番前にギュッとハグして「大丈夫や」って言ってくれたりしたんですよ。俺たち、メンタル的なところで結構似てるところがあったりして、お互い言葉にせんでも分かり合える部分があるんですよね。それでいて、なぁなぁにならない…すごくいい関係性だと思いますね。沖縄の最終公演のあとも「ほんまありがとう」って、お互いにハグし合ったなぁ。

出典「えっ! ホンマ!? ビックリ!! TOUR 2007」密着ドキュメント写真集

DVD「KANJANI∞ LIVE TOUR JUKE BOX」

共鳴

安田「よく楽屋とかで二人で即興コントみたいなんやっとるやん。なんかよー分からん声、出し合ってるやつ。ほぼ奇声の?(笑)」
丸山「❝音の共鳴❞と言って欲しいね(笑)」

出典「Dear Eighter」

出典prcm.jp

DVD「Spirits!!」


何の打ち合わせもなくギャグでシンクロ。

「あおっぱな」初回限定盤メイキング


「なっしょふん!」「ふん!」という掛け声で技を繰り出す謎のゲーム。2人にしかルールがわからない。大体渋谷が勝つ。

「KANJANI∞ LIVE TOUR!! 8EST」
2012/11/17 14:00サンドーム福井
※DVD初回盤収録


「鮭」「蝉」「鮫」に続く丸山のツボワードを探す一同。良いかどうか判定し、丸山本人にもダメ出しを始める渋谷。

村上「何がわかんの?すばる」
渋谷「わかりますよ、大体のことは」
村上「そら感覚なんですか?」
渋谷「そっすね。何か、言葉では説明できないです」

1 2 3 4 5