1. まとめトップ
  2. 雑学

子育てに悩むお母さん必見!『心理学』を活用した子供の褒め方

一般的に子育ては「褒めて育てる」ことが大事だといわれていますが、子供のやる気を育てたい時にはどのように褒めればよいのか、心理学的な手法を踏まえた褒め方をまとめましたので紹介します。

更新日: 2015年08月22日

1221 お気に入り 144868 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

gyorimamaさん

褒めて育てることは良いことだと聞くけれども...

一般には、ほめて育てて行くのが良いと言われるけれど、ほめると調子に乗ってしまうし。やはり、昔のように厳しく叱って育てるのがいいのだろうか?などと親の悩みは尽きない。

ほめて伸ばすというのは実は難しい。ほめ慣れしてくると効果がなくなる。かといってほめなければふてくされてくる場合がある。十分な根拠を上げてほめる。その根拠に子供が納得していなければならない。その根拠は流れによって作っていく腕が必要だ。 #juken #chugakujuken

正解がないから、難しい。子育て本だって、ほめるな、とか、ほめろ、とか色々あるしw最近の子育ての風潮として、叱らず見守るとか自由にさせるようなかんじがあるけど、あれやってて子供にふりまわされているお母さんけっこう見かける。わたしも多少そうだったな。

【1】『レッテル効果』を活用して子供を褒めよう!

『レッテル効果』とは?

レッテルを貼られたその本人も、貼られたレッテルのとおりに行動するようになるという心理効果のこと

レッテルを貼るという言葉は一般的にはマイナスのイメージが強いものですが、プラスのレッテルを貼るというやり方もあります。

このレッテル効果をうまく利用すれば、あなたは周りの人をある程度自分が望む通りの人に変えることができます。

もちろん「ある程度」ではありますが、上手に実践すれば効果は十分に期待できると思います。

子供には普段からプラスのレッテルをたくさん貼ってあげることが大事!

「○○ちゃんは、(好き嫌いなくなんでも)たくさん食べてえらいよね」
「△△くん、(いつも妹や弟の)お世話してくれてありがとうね。ママ助かるわ」
「○○ちゃんはいつもお外で良い子にしてくれる(から、一緒に出かけるとき助かるわ。)ありがとう」

子供の悪いところやできないところが目についても、それを強調して口に出すのはなるべく控えて、できたことや良いところに焦点を当てて、プラスのレッテルをたくさん貼ってあげることが大事なようです。

子どもを伸ばす最大の秘訣は、常に「あなたは、どんどん伸びている」という、プラスの暗示をかけること

レッテル効果はうまいこと使うと成果がでる。ちょっと背伸びしたぐらいの内容にするといい。あまりにも現実から遠いと意味がないどころか悪影響を及ぼす。

【2】『ピグマリオン効果』を活用して褒めよう!

『ピグマリオン効果』とは?

「人は他者に期待されるほど意欲が引き出されて、成績が向上する」という状況を示す教育心理学の法則

ピグマリオン効果は、1964年に米国の教育心理学者ロバート・ローゼンタールによって提唱された、「人間は期待された通りの成果を出す傾向がある」という主張。

「ピグマリオン効果」これは期待を寄せられている人が他よりよく成長するということなんだ。期待した子と期待しない子に分けた知能テストの実験をしたら、期待した子の方が明らかに良い成績を残したんだ。つまり、期待を受けた人は期待に応えようと頑張るんだよ。ただ、過度の期待は負担になるんだ。

「ピグマリオン効果」を知ってるか? 人は期待された通りの効果を出す傾向があるのだ。ローマ時代に王に恋された人形が人間になった神話がもとなんだが、自分じゃなくても、他の誰かが信じる事でも効果は出るんだ。…何が言いたいかというと、君はやれると信じてるぞ!

「この子はやればできる」と信じて声を掛けることが大事!

ピグマリオン効果を実施するにあたって一番重要なのはまず親自身が「この子は素晴らしい子だ」と信じること

行動の承認や成長の承認をしっかりすることが、子どもに期待を寄せる表現になる。

「この子は伸びる」と思って接すれば、そうでない子供にくらべて大きく伸びる

「あなたは成績が良くて素晴らしい子だよ」と思って接してくれているのと、「あなたは成績が悪くてダメな子だね」と思って接して来られるのとでは、モチベーションに大きな差が出ることは明らかです。

ただし、他の子と比べて「あなたは優れている」と褒めることは危険!

他の子よりも優れている、と親に言われれば、子供はそれを頭から信じて育ちます。そうすると、心理学でいうナルシスティックな性格になります。これは、将来子供が社会に適応していく上で問題になる

親が我が子だけを特別扱いすると、「自分だけが優れている」という考えが子供に植え付けられてしまうようなので注意が必要です。

また、ダメ出しの言葉で可能性が奪われる「ゴーレム効果」にも注意!

1 2