1. まとめトップ
  2. おもしろ

野生の大宴会!? 禁断の果実を食べて酔っ払う動物たちが可愛い

こんな野生動物見たことない…!発酵してアルコールを含む果実「マルーラ」に群がり、酔っ払い千鳥足で歩くゾウやキリンやサルたち野生動物がとっても可愛い!

更新日: 2015年11月23日

304 お気に入り 170321 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

野生の動物たちも千鳥足になる禁断の果実、マルーラ

アフリカ特産で、マンゴーやカシューナッツと同じウルシ科の植物です。3月~4月頃に実が熟します。

マルーラの木はアフリカ赤道以南の暖かく霜が降りることの無い地域にのみ自生します。

その果実一粒には、オレンジの約4倍のビタミンCと、豊富なプロテインやミネラルなど様々な栄養素がバランス良く含まれています。

とても栄養価が高い果物としても知られています。

熟した実はこんな感じ。

食べると胃の中であっと言う間に発酵しアルコールになるとも言われてる。とにかく、酔っ払いやすい果物。

生殖活動を活発にする作用があることから、幸福をもたらす神聖な木として別名メアリーツリー(結婚の木)とも呼ばれています。

動物たちはみんなこの果実の魅惑にメロメロ

道端に寝っ転がる酔っ払い。
その原因が、マルーラなんです。

熟した実は自然発酵しているらしく、これを食した動物たちは、いずれも酩酊状態となり千鳥足で歩くことになってしまう。
しかし酩酊状態は悪いものではないらしくヒヒやキリン、ゾウその他の多くのレイヨウ類はこの実が大好物のようだ。

ゾウたちは、実が自然に落ちていなければ木に体当たりをしてまで食べようとするほど、このジューシーでビタミンCを非常に多く含んでいる栄養価の高いマルーラの実に目がないことで知られています。

知ってか知らずでか動物たちがこのフルーツの木に集まり、年に一度の酔っ払いパーティーが開かれている(ゾウや猪系は結構アルコールに強く、猿は私たち同様の二日酔いぽい症状がおこるみたい)。

出典fundo.jp

二日酔いの頭痛?
サルは頭を抱えてます。

なにしろ、ひたすら食べ続ける。サルは皮をむき、象は丸呑みする。小動物はアルコールが回るのが早いのか、落ちた実の中で泳いでいる。

発酵したマルーラの実を食べた動物たちは酔っぱらうため、ふらふらとする象たちなど、なんとも不思議な光景が広がります。

ゾウもキリンもサルもダチョウも、みんなみんなマルーラを食べて仲良く千鳥足。
年に一度の動物たちの大宴会です。

魅惑の果実が大好きなのは、勿論人間も同じ!

マルーラの果実から酒を作る女性たち。

マルーラの実は動物ばかりか人も利用し、これから酒を醸したりゼリーを作って食したりする。

旬の時期にはジュースや自家製ビールに変身して道端で売られているのをよく見かけます。

世界中で愛されているマルーラのお酒「アマルーラ」

マルーラで作られたお酒で最も有名なのが、この「アマルーラ」。

1989年9月の発売開始以来、アフリカやブラジルをはじめ世界100ヶ国以上で愛されている、世界で2番目に売れているクリームリキュールです。

マルーラの果実から蒸留されたスピリッツに、仕上げに最高級のフレッシュクリームを加えたリキュール。

「アマルーラ」は手取りされたマルーラの実を発酵し、木樽で2年間熟成されます。この樽からバニラのようなこんがりした匂いが自然に添加されます。

一番のおすすめは、ロック。甘いだけではない、優しいフルーツ感を味わえます。

飲み方は多種多様で、グレープフルーツとのカクテルのほか、ソーダ・ジンジャー・オンザロックなど。

ブラックコーヒーなどに入れると美味しい

バニラアイスにかけても美味しいらしい。

マルーラは美容にもうれしい

1 2