1. まとめトップ

社畜サラリーマンを辞めたい!社畜たちの嘆き!自営業・起業したいけど厳しい現実

社畜サラリーマンを辞めたいと言う人は多いですが、実際に自営業・起業して失敗する人は多いです。起業した人の中には、収入が全く得られない人も少なくありません。脱社畜したい人の声と、脱社畜する為の方法についてまとめました。

更新日: 2017年05月02日

misukiruさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
1 お気に入り 12527 view
お気に入り追加

社畜たちの嘆き!

社員がいつもコロコロ辞めていく会社もあります。いつ見ても社員募集の広告を出している会社がそれです。

生活の糧を握られている会社員たち

僕たちの、「生活の糧(かて)」は握られている状態のまま。上司たちや会社側は、辞令、命令、指示を出してくる。正直、怖い。

サラリーマンを辞めたいとは思わんけど、今の給料ぐらい稼いで今の仕事を辞めたい!

"社畜"は"会社"に"貯蓄"しているんだよ…だからきっと報われるはずさ

上司が無能でヤバい職場

業務に対する知識量や年齢差などを無視して、ただこの論理によって仕事をポイと丸投げ

反省するべきは仕事を振られたほうではなく、振るほうなのではないだろうか。

優秀に見られるのは、若いうちだけ

いくら優秀な人でも年をとると時代遅れで無能な社員になる。しかも権力をもつと若手が意見できなくなるからやっかい。

いくら優秀でもやっぱり時代遅れになって絶対おかしくなりますよ。若い人のほうが柔軟にものを吸収して驚くようなことをやってのけたりする。

自分が幸せになる方法は自分で決める。他人や世間は関係ない【脱社畜の働き方】

40歳を過ぎると、リストラされるよ!

会議室のドアを開けると、西日がまぶしい会議室の大きな窓の前に電話をしてきた部長と役員が座っていました。

(追い出し部屋に)指名された中には、社内外で表彰を受けて社屋に金色プレートで名前を飾られたエース級の人もいた。

会社なんて自分から辞めてやる!!!

自分の生き方に合わない仕事を続けるのは、小さいころに買った、サイズの合わないセーターをムリやり着続けるように耐えがたいものです。

そして最後に目にした、「正しいのは訴える事、賢いのは辞める事」という一言が深く心にしみわたりました。

サラリーマンの嘆きの川柳!「 辞めたいと 伝えた上司が 怒鳴り出す 」{ }・・何でやめるんだ( `ー´)ノ・・・って理由聞かなくても分かるでしょ?

1 2