1. まとめトップ

【関ジャニ∞】安田章大&大倉忠義エピソードまとめ

通称『倉安』『凹凸』『妖精』『エルコン』な2人の出会いから現在まで。随時更新。

更新日: 2015年11月15日

133 お気に入り 278527 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

exeaiwさん

「関ジャニ∞」のメンバー。

安田が1歳年上。

安田→大倉:「大倉」「たっちょん」
大倉→安田:「ヤス」

デュエット

出典prcm.jp

「サマースペシャル2005前夜祭」にて、Da Buzz「Together as one」のカバー曲を2人で披露。

DVD「Spirits!!」収録。

丸山「『パンぱんだ』は、ふだん、ふたりが楽屋とかで話してるときとか、女子高生みたいなノリで話してる感じとか、あんまりテレビに出てない部分が、今回のコラボで出たような気がする。仲のよさ、平和さ、ふわっとした感」

出典「ポポロ」2014年11月号『僕らとエイトの10年間。』

デュエット以外にも、関ジャニ∞名義の中に2人で作詞・作曲を手がけたものがある。


「って!!!!!!!」
作詞:安田章大/大倉忠義
作曲:安田章大

出会い

ジャニーズ事務所のオーディションを受けたのは、共に1997年9月6日。
安田の誕生日直前のため、当時どちらも12歳。
同じオーディションに丸山(2回目)・錦戸もいた。

大倉はダンスがめっちゃうまくて…オーディションで『ブルドック』の振りをその場で覚えて踊ったんやけど、ちょっと踊ったら振り付けの先生から「大倉はセンターに来い」って言われてた。オレはあかんかったなぁ。練習のときに大倉の横におって、何回も大倉の足を踏んじゃったし…。

出典「Dear Eighter」

安田「俺、隣で踊ってるときに、大倉に足踏まれたんやけど(笑)」
大倉「その話、よう聞くけど、俺は全然覚えてへんわ(笑)」

出典「with」2013年2月号『C∞MBI i』

大倉は覚えておらず、安田は『踏んだ』『踏まれた』どちらのパターンの話もしているため、真相は不明。

同じ高校

大倉の通っていた高校に安田が編入し、仲良くなる。

(高校時代は)よう二人でカラオケ行ってたよね。男二人でなぜかメルヘンチックなピンクの部屋にフリータイムの時間中ずーっとおった。

出典「Dear Eighter」

昼の12時からフリータイムでカラオケ行って、男ふたりで夕方まで歌ったりとかしてた。しかもキティちゃんのカラオケ店で(笑)。男ふたりでなんでキティちゃんでカラオケやねんっていう(笑)

出典「ポポロ」2014年8月号『僕らとエイトの10年間。』

バンド

安田がリーダーを務めるJr.バンド「V-WEST」のドラマーに大倉を勧誘。

上から目線みたいに聞こえちゃうかもしれへんけど❝大倉やったらできるな、頑張ってくれるな❞って思ってん。なにに対してもすっげぇ前向きにやってる人間やなって思ってたし。

出典「Dear Eighter」

V.WESTのドラムに誘ってくれたことはほんまにうれしかったし。あれがなかったら今のオレはここにおらんと思う。

出典「Dear Eighter」

バンドのプレイのことで言うなら、渋やんがフロントマンとして引っ張ってくれてるとすると、大倉はグループ全体を包んでくれてるイメージ。リズム隊の真ん中におるっていうのもあるけど、 メンタル面を支えてくれてる。

出典「Dear Eighter」

妖精・エルコン

松竹座で上演された、関ジャニ8サマースペシャル2005「Magical Summer」にて2人で妖精を演じた。大倉の役名エルフィン・安田の役名コンフィティにちなんで『エルコン』と呼ばれる事もある。

ROMES

2009年NHKドラマ「ROMES/空港防御システム」にて大倉が主演、安田が助演。

嬉し恥ずかしラブレター

ヤスへ

初めてこんな形で手紙を今書いていますが、
最近は、一緒に遊んだりする事も多くて
僕がベロベロになったりした時は、必ずタクシーまで乗っけてくれるっていう...
お母ちゃんみたいだなって。
なんかすごい頼りがいがある人だなぁと普段から実感しています。

今までもこれからも、
色んな楽しい事も辛い事も苦しい事も色んな事を共有してきた仲なので、
これからも同じグループで、いっぱい楽しい事もあると思うけど、
一緒に乗り越えていけたらなと思っています。

何でしょうか、まぁ、最後に、
こんなぐうたらで頼りがいがない僕ですが、
これからもよろしくお願いします。

PS
最近かけたパーマが可愛いなと思ってます。

以上、大倉忠義でした。

Dear 大倉へ

なんや、オーディションの時に踊ってる位置が隣同士でしたね。
で、だいぶ仲良くなってから言われたけど、
「あん時ヤス、俺の足ずっと踏んでたで」
って、言っていたのをすごく記憶に残ってます。

「って!!!!!!!」って曲作った時も、元々は大倉とごはん食べてて、
こう話して「歌詞書いてみぃひん?」
って言ったことがきっかけで一緒に作った曲ですけど、
今回一緒にできてほんまよかったなぁって思いました。

あんまり普段こう、言葉に出して言わない言葉が歌詞に乗って出てくるので、
気持ちがすごく伝わりやすい歌詞だなぁと思って、
だからそれが、曲を作る側としてはやりやすくて、
関ジャニ∞のめっちゃ考えてる人やんっていうのが、
これからもいっぱい見れたらなーと思います。

プライベートは、いっぱい遊ぼなぁ!
楽しいこといっぱいしよなー!
来年楽しみやね!

これからもよろしくね。
ありがとう。

やす。

みんな兄弟のように
感じる中

あの人だけ
僕は幼馴染に感じる。

兄弟って、ある程度
なんか距離があんのよ。

お兄ちゃん達
弟ちゃん達が外では
どんな感じか知らない
家の姿は知ってるけど…

みたいなね。

俺もあいつも、
色んな事一緒に経験してきたし、
色んな事を見てきたし、

周りに
隠し事って特にないんだけど

何でもかんでも
知ってるし、
言ってる。

だから、
微妙な違いだけど
なんか変な時は分かっちゃう。


なんかテイスト違うね(笑)


あの人の魅力はねー、

人間的なとこだな。

変に着飾らないし、
素直なままいる。

裏表ない。


おれは、あの人が
作る曲が好きだし
絶対的な信頼をよせてる。


もし、こういう曲が
どうしても欲しいってなったら
どの作曲家よりも先に
彼に相談するよね^^


あとはー、


まぁ


一生友達なんじゃないかな

唯一のケンカ

1 2 3