1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

とないぬさん

■ハンバーガー 「シェイク・シャック(SHAKE SHACK)」

このお店がよくテレビで紹介されます。
ニューヨーカーのセレブや芸能人・有名人がよく買いに行くと評判で美味いらしいです。

2000年にマディソン・スクエア公園で始めた屋台が起源・・・

2004年・・・7月にシェイク・シャック第一号店を開店した。

シェイク・シャックの名を冠したミルクセーキは業界の中で最高品質の一つと評されている

思い切りバーガーにかぶりつくと、しっかりしたお肉の味が。 思ったより脂っこくはなく、モスのようなつなぎのはいったハンバーグではなく、まさにお肉!って感じです。パンはふわっとして食べやすい。 ぺロっと平らげることができました。 フレンチフライはちょっとたべ切れませんでしたが、カリっとしていて美味しかったです。 
NYを訪れたら、また行ってみたいです。

ホテルが近かったので持ち帰って食べましたが、お肉がジューシーですっごく美味しかったです!!ぺろりでした。

同店では、“健康的に”飼育されたアンガスビーフ100%のハンバーガーやホットドッグ、作りたてのフローズンカスタード(アイスクリーム)など、シンプルながらも素材のクオリティにこだわったメニューが提供される

2010年、マイアミビーチの近郊地域であるサウスビーチ(英語版)にニューヨーク市外初の出店を果たした。

2014年8月までに、ワシントンD.C.、ニュージャージー州、ラスベガス(2014年12月現在)、コネチカット州、ペンシルベニア州、フロリダ州、ジョージア州、マサチューセッツ州、ニューヨーク州に出店している。

■ベーグル 「エッサ・ベーグル(Ess-a-Bagel)」

1976 年、ニューヨーク マンハッタンにエッサベーグルは誕生しました。
この店のベーグルは、外はパリッと中はモッチリとした独特の食感と美味しさ、そして特大ともいえる
その大きさで、多くのニューヨーカーを虜にしました。誕生以来人気は衰えることなく、
今もなお、数多くのニューヨーカーに愛され続けている名ベーグルショップです。

日本にも進出していたNYCのエッサ・ベーグル(Ess-a-Bagel)ですが、大丸東京店は閉店したそうで、やっぱりニューヨークへ行って食べるしかなさそうです。たくさんの具材から選べる感じが日本とNYで違っていましたね。この写真(下)の3rd アヴェニュー店など雰囲気もありますが、そこで食べる楽しさは測りしれませんね。
カタコトの日本語で気軽に話しかけてくれる店員さんもいたりして、コミュニケーションしながら具材を選んで頬張ってください。

ニューヨークでも老舗のエッサベーグル。
行く前は「たかがベーグル」と思ってましたが、今まで食べてきたベーグルと全然違うことに気づきました。
生地がもっちりしていて、噛めば噛むほど小麦の味を楽しめます。

朝6時から通勤前のニューヨーカーが並ぶアッパーイーストの超人気ベーグル屋さん、エッサベーグル。
ヘルシーで腹持ちがいいので朝ごはんにぴったりです。

定番と言われているサーモンとクリームチーズのベーグルにしてもらいました。それとコーヒーと注文して、店内で食べました。それで$13。朝から、いいお値段!!
 
しかし…‥そんなにおいしくない。なんでだろう?あんなにガイドブックなどで大絶賛されているのに…‥。
そうです!トーストをお願いしてなかったのです。

今度、こちらを利用することがあったら、サーモンとクリームチーズはやめて、サラダ系など他のものにして、必ずトーストしてもらうか、テイクアウトにしようと思います。(ウチでトーストします)

ショーケースから好みの具材を選んで、好きな生地のベーグルに挟んでくれます。
ご飯系と、甘い系に分かれていて種類は迷ってしまうほど豊富。
これでもかとたっぷりベリーチーズクリームを塗ってくれました。

レジでお会計を済ませる時にドリンクも購入可。
レジのおじさんは日本人が来ると必ず言う日本語があって面白いです。

1