1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

【必見】絶対に見たほうがいい素晴しいアニメ映画まとめ【レビューあり】

おすすめアニメ映画まとめてみました。最近の話題作から過去の名作までどれもおもしろいのばかりです。ジブリはまとめてないです。なんでアニメの映画はこんなにも良いのだろうか。時に笑い、時に泣き、時に感動。もっといろんな人に見てもらいたいです。

更新日: 2016年07月10日

1802 お気に入り 5022592 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

sleeping0978さん

未来はオラが守るゾ

ある日、春日部で突然「20世紀博」というテーマパークが開催された。
昔のテレビ番組や映画、暮らしなどを再現し、懐かしい世界にひたれる遊園地に大人たちは大喜び。でも、しんのすけをはじめとする子供たちには、ちっとも面白くない。毎日のように夢中になって遊びに行く大人たち…。
そのうちにひろしは会社に行かなくなり、みさえは家事をやめ、しんのすけがひまわりの面倒をみる始末。実はこれは、“ケンちゃんチャコちゃん”をリーダーとするグループの、大人だけの楽しい世界を作って時間を止めてしまう、恐るべき“オトナ”帝国化計画だった!

オラ、父ちゃんと母ちゃんやひまわりやシロと、もっと一緒にいたいからケンカしたり頭にきたりしても一緒がいいから  野原しんのすけ (クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲)

いま、いちばん大切にしたい、家族の物語。

“ももへ"とだけ書かれた手紙を遺し、お父さんは天国に旅立ってしまった。
「ほんとうはなんて書きたかったの?」心ない言葉をぶつけ、仲直りしないまま、
母いく子と瀬戸内の島に移り住む。慣れない生活に戸惑うももだったが、
不思議な妖怪“見守り組"のイワ、カワ、マメと出会う。
食いしん坊でわがまま、でも愛嬌たっぷりの彼らには、実は大切な使命があった……。

ももへの手紙は笑えるところは笑えるし泣けるところは泣ける、なにより演出が飽きないから最後まで楽しんで見れるよ! #ステマ

それでも、こどもたちは今を生きる

夏休みに入り、小学校6年生のユウタは一人でダムのそばの山里に昆虫採集にやって来る。そこは交通事故で亡くなった父親とよくカブトムシを探しに来た二人の思い出の場所で、彼はそこで不思議な老人と出会い飲み物を分け与える。やがてユウタは突然の豪雨で足をすくわれ意識を失い、目を覚ますと30年以上前の村にタイムスリップしていた。

画風もノスタルジックな風合いで、胸に押し寄せる悲しさと淋しさが、恋のせつなさと相まってすっかり物語の中にはまり込んでしまいました。

一本の映画のなかにいくつものメッセージを感じられる作品でした。とても感動できる作品で、多くの人に見てもらいたいと思いました。

楽しくて、切なくて、ちょっとだけ勇気が湧く。

青い麦畑が一面に広がる山口県防府市。
快活な少女・新子は、麦畑に飛び込んで、その昔あったという千年前の都や、そこに住む少女など様々な空想をすることが大好きです。
クラスになじめずにいる転校生・貴伊子を麦畑に連れ出す新子。
しだいにうちとけてきたふたりですが、大切にしていた金魚の「ひづる」の死をきっかけに、大きく揺れ始めます。
悲しむ貴伊子をいたわる新子は、「ひづる」を史跡の近くに埋めます。千年の時がもつ奇跡に願いをかけて──。

小学生の時に「天空の城ラピュタ」や「耳をすませば」を観た時のような感動を久しぶりに味わせてくれた映画でした。

泣きました。私も経験があるのですが都会から田舎に引越しをしたときの心細さ、次第に友人と打ち解けるときの楽しさ、別れと、出会い。天の川の下で語り合う二人。アニメーションでこれだけ綺麗な世界を作れた片渕須直さんは天才ですね。

実話をもとにした”忘れてはいけない”物語

父・辰夫、祖父・源三と一緒に、北方四島の一つである色丹島に暮らしている10歳の淳平と7歳の寛太の兄弟。1945年に太平洋戦争が終わり、日本がポツダム宣言を受諾することに。その直後、ソ連軍が、択捉島、国後島、歯舞群島、色丹島に上陸して進駐し、淳平と寛太が通う学校にも兵士がなだれ込んでくる。やがて、二人はロシア人少女と心を通わせるようになるが……。

個人差あるかもしれませんが、泣けるし、笑えるし、映画としては本当に最高の出来だと思いました。

戦争と言う言葉の映画は何かと暗い映画のイメージがあると思いますがこの映画には温かさ生きている喜びが感じる。感動感動です。

かけます、ときます、のろい屋しまい!

魔法や呪いをかけ、逆に解くことを職業にしている人がいる魔の国で、のろい屋を経営する魔女の姉妹ヨヨとネネ。ある日、高層ビルに絡み付くように生えた大樹の調査に行ったヨヨは、不思議な光によって異世界へと飛ばされてしまう。そこで出会った子どもの両親が化け物になっていたことから、ヨヨとネネは魔の国と異世界で起きた不思議な出来事を解決しようと立ち上がる。

この作品は何よりもストーリーが秀逸だと思います。良くまとまっていますし着地点もしっかりしていて、1本の作品としてとても満足度が高いと思います。

この『魔女っこ姉妹のヨヨとネネ』はジブリなどにも通じる王道ファンタジーです。今時いっさい斜に構えずにど直球の王道を情熱とパワーでやりきってしまった本当に素晴らしい映画です。

1 2 3 4 5 6 7